弱音を吐けますか? - 地域ブランド・特産品 - 専門家プロファイル

ホロデックス 
石川県
ITコンサルタント
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

井門 隆夫
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
宮崎 隆子
宮崎 隆子
(メンタルヘルスコンサルタント)
宮崎 隆子
宮崎 隆子
(メンタルヘルスコンサルタント)
村本 睦戸
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弱音を吐けますか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域ブランド・特産品
実例・小話



今、モチベーションアップ
流行っている。
地方創生しかり、起業塾しかり。

ただ、立ち上げるのは簡単だが、
そこに中長期で続けていく
プランやぶれない信念が
なければ、
「ほら、やっぱり」の
予定調和先例となりかねない


現状、続けてきている経営者や
専門職を
担っている人は、
弱音を吐く
時間もトレーニングも環境も
十分でない
場合が多い。


そこにゆがみが生じ、なので、
・プラン
・結果
・効果
・信念
を重要視
する。


ダイアモンドは
ダイアモンドで磨かれるように
経営者や専門職は
同じレベルの人としか
トレーニングの場でさえも
あまり話をしたくない

ため込んだ「毒」は
「毒」でもって浮き上がるからだ。


#浮き上がることを
利用すると為政者か
テロリズムの
論理になってしまう
ので注意


では、
同じレベルを
見つけるのにネットはどうか?

今の状態は
玉石混合なので、
見分けるトレーニングを
得た人(痛い目をみた人)以外は
やめておいた方が良い


が、
専門家(痛い目をみた数や時間の多い人)
がネットに参入してきたので、
これを活用するのもいいだろう。

そんな状況にもない人が
てっとり早くわかる方法が
「毒」の「痛み」
だ。
「痛み」が感じられるのは
自分であり、感じる自分は
存在できる。
#自傷行為を容認するのではない

この「痛み」を利用するのだ。
「痛み」をきっかけに
弱音を吐けば良い


いろいろな理由は
消えて無くなり、
純粋に弱みをはける

次に、
見つめ直す作業で
心身共に
すっきりするだろう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「実例・小話」のコラム