モデリングの話 - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

モデリングの話

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
先日、あるセミナー講師の話を聞いて「あれ?」と思うことがありました。

以前、そのセミナーを運営する会社のちょっと偉い方のお話をうかがったことがあるのですが、その方と話し方がまったく同じなのです。

血縁関係もなさそうなのに…。ところどころにはさむ「先日、かの有名な○○さんがですね~」といったエピソードまで同じ。タイミングも、しぐさも同じ。

完全なモデリングです。

モデリングとは、自分がそうなりたいと思うターゲットを決めて、その人になりきることです。そして、「その人だったらこうするだろうな」とか「こう考えるだろうな」とか「こう感じるだろうな」ということも想像して行動します。

その人から学ぶというか、まねぶんですね。

これは本を読んだり、講義を聴いたりするのとは違って、かなりいろんな感覚を使います。そして、そうやってマネをしているうちに脳みそが錯覚を起こして、学習しちゃうのです。

演じながら役になりきる俳優さんみたいですが、役割が人格になると断言してる人もいます。

村上さんのところ

もしそうなら、よく言われる「あの人をロールモデルに…」のロールモデルって影響が大きな役割ですね。

余談ですが、松田聖子さんに仕事のオファーが来ると「松田聖子ならこの仕事をするか?」と考えてから、受けるかどうか決めたという逸話を聞いたことがあります。彼女は「松田聖子」という架空の理想人物をモデリングしながら松田聖子になったということなのかもしれません。


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【受講者感想vol.344】 以前の私の「思い」や「考え」では受からなかったと思う タカミ タカシ - キャリアカウンセラー(2017/11/04 22:00)

今、何点か 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2015/08/07 18:10)

プライドとは何か? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/04/17 19:00)

キャリアを成功させるためには? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/03/07 13:00)

考える力をつける=行動をすること 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/03/04 19:00)