大手建設会社 Sハウスの 手抜き工事発覚!  - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役
神奈川県
リフォームコーディネーター
0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
田中 徹正
田中 徹正
(リフォームコーディネーター)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大手建設会社 Sハウスの 手抜き工事発覚! 

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般

とある物件の屋根葺き替え工事。
屋根材を剥がしたところ、下地のべニア板がやけにブヨブヨしてました。



まさかと思いつつも、剥がしてみると・・・
桟木が無い!30センチ~45センチ間隔で存在するはずの柱が一本もない。

工事の前に見つけようにも、屋根裏の点検口は一つもないし、

屋根は「かわらU」の二重張りで下地の劣化までは気が付きませんでした。

建てたのは大手建設会社 Sハウスでしたが、大手もこういう杜撰な仕事をするんですよ!

まったく、モラルも何もあったもんじゃない!

手を抜くにしても、絶対抜いちゃいけない場所ですよこれは!許せんです!

お客様に代わり、保証してほしいと、メーカーに言って見たものの、

築20年以上たっているので対応できないとの事・・・。

大手の大きな看板は何のためにあるんだ!


で、結局はお客さんが実費で直すことになりました。

特価扱いにはさせてもらいましたが、大きな出費だったかと思います。


古いべニアの上にアスファルトルーフィングを張り、木下地造り。


新しくコンパネを張って、上級品のゴムアスルーフィングを張りました。


屋根本体はコロニアルグラッサで仕上げました。


軽く、綺麗になった屋根を見てご満足は頂けました(*^-^*)

反省と勉強をさせていただたいた物件でした。






 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / リフォームコーディネーター)
株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役

リフォームは誰がやるかが一番大事!

初めまして(株)トーシンリフォーム 代表の田中です!リフォームは人の手で作り上げるものです。どんなにいい材料でも、生かせるかどうかは、職人の腕次第なんです。トーシンリフォームは、腕利職人が丁寧な仕事をする事を約束します!

0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。