フォロー - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者の9割がリピーターになる!

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



私も個人事業主の一人です。


ですから、営業も経理も管理もすべて一人でやらなければなりません。


流行りの「起業家」といわれる自営業も、それはすべて自己責任でやるようになることですね。


扱っている商品は各種ありますが、いずれにしても自分だけが頼りです。



ビジネス書のほとんどがこの営業力に関するものが多いようですが、クライアントをゲットできたときは、本当にうれしく、また感謝するものですね。

そして「その方の為に」なるように一生懸命行動します。


ところが人間はすぐ忘れる動物のせいか、当時の思いがいつの間にか薄くなり、クライアントの「その方の為に」の気持ちが、どうも相手に伝わらなくなるようです。


なぜ伝わらないのか?


それは確実に自分の中の「その方の為に」という意識が薄くなっているからです。



「自分の利益につながらない人」あるいは「これでこの人は顧客になった」という思いをを持った途端、どうもその感情が相手に伝わるようです・・・


人の勘はそれぞれですが。


また、フォローも何もしない人が実際世の中には多いです。



たまには、あなた自身がお客様になったつもりで、よ~く自分を振り返ってみましょう。


そうすることで、顧客心理がわかるものです。


自分自身で気づけないものは「何も変えることができない」のですから。



私が現在病院やドクター・看護師・受付職員に向けて行っている活動が「患者の9割がリピーターになる!共感問診力アップメディカルコーチ」です。



問診力に特化していること

・課題点解決方法を「コーチング+コンサルティング+実習」で確実に身につけてもらえる

コーチ、カウンセラー、研修講師の実績と経験を持つ私である


以上の3つの特長を生かしたこのプログラムを、是非お試しください。


   詳細はこちら →  http://cst-team.com


「共感問診力アップメディカルコーチ」で検索してください。