公務員給与格差 国と地方縮まる - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公務員給与格差 国と地方縮まる

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ライフプラン
国家公務員と地方公務員の給与格差が縮まったようです。まあこれまで国家公務員の給与がかなり高かったですからね。以下はニュースより抜粋。
総務省は、平成25年7月1日時点の地方公務員給与の調査結果を発表した。国家公務員を100として給与水準を示すラスパイレス指数は、103・5と国の水準を上回った。国の給与削減要請に基づき約58%の自治体が水準を引き下げたため、24年4月時点の107・0に比べ3・5ポイント下がった。総務省は、国と地方の給与格差は縮まったとしている。
 国家公務員給与は東日本大震災の復興費用を捻出するため、24年4月から2年間、平均7・8%減額した。政府は地方にも国並みに引き下げるよう要請し、25年7月時点で1789自治体のうち1038が応じた。都道府県の平均は102・2で、最高は東京と静岡の111・1、最低は長崎の98・9。政令指定都市の平均は105・6で、最高が川崎の112・0、最低は熊本の99・7だった。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプラン」のコラム

[積み立てNISA]制度を新設(2016/11/29 08:11)

介護保険の負担があがる(2016/11/18 12:11)