商品先物取引法関係訴訟のポイント - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)
鈴木 祥平
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品先物取引法関係訴訟のポイント

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
相続

商品先物取引法関係訴訟のポイント



顧客保護を目的として、商品先物取引業者の禁止行為または遵守義務として、

・不当な勧誘等の禁止(商品先物取引法214条、商品先物取引法施行規則103条)

・適合性の原則(商品先物取引法第215条)

・受託契約準則への準拠(商品先物取引法第216条)

・商品取引契約の締結前の書面の交付(商品先物取引法217条)

・商品先物取引業者の顧客に対する説明・書面交付義務(商品先物取引法218条1項、商品先物取引法施行規則107条)

・商品先物取引業者の説明義務違反の場合の損害賠償責任(商品先物取引法218条4項)

・取引態様の事前明示義務等(商品先物取引法第219条)

・取引の成立の通知(商品先物取引法第220条)

・取引証拠金等の受領に係る書面の交付(商品先物取引法第220条の2第1項)

・商品先物取引法220条の3(金融商品の販売等に関する法律6条、7条、8条、9条の準用)