保険法の残された課題 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険法の残された課題

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般
相続

保険法の残された課題

保険法では、3種類の伝統的な保険(損害保険、生命保険、傷害疾病定額保険 )について、明確なルールが設けられた。

しかし、以下のような新しい分野の保険(従来のいわゆる「新種保険」)については、現在でも、主に約款によるルールで定められており、法律による規制が行われていない。

・専門家の職業賠償保険

・生産物責任の賠償保険 製造物責任法(PL法)の適用される対象以外もカバーする保険がある。

・施工・請負業者の賠償保険。ただし、新築住宅については、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)が適用される。中古建物のリフォームには、保険で対処することが考えられる。もっとも、リフォーム業者には、こうした保険にさえ加入していない業者も多い。

・金融商品については金融商品取引法が適用されるが、保険の中には金融商品(例えば、株式)で運用したり、信用リスクを補完するために保険を使うことがある(商品・役務に着目した規制)。保険業法には、金融商品取引法と同様の規定が設けられている(業者に着目した規制)。