もっと強く、優しくなりたい~前世療法の感想をいただきました~ - コラム - 専門家プロファイル

溜 香世子
Spiritualize Counseling & Coaching パーソナル・コーチ
パーソナルコーチ
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もっと強く、優しくなりたい~前世療法の感想をいただきました~

- good

前世療法のモニターを受けてくださったG様より、感想をいただきましたのでご紹介します。


「どんな自己啓発本も触れることができなかった心の琴線・・・・」G様はそう表現してくださいました。


今の自分にとって、本当に思い出すべきことは何なのか。それは、外ではなくて自分自身の潜在意識にあります。


それを探しにいくために、前世療法はとても有効なセラピーです。


G様の、読むだけで琴線が震えるような体験談。是非、味わいながら、お読みください。G様、ありがとうございました。


※2013年度のヒプノモニターは、残席一席のみ予約可能です。詳しくはHPをご覧ください。1月以降のスケジュールは12月末ごろご案内いたします。


魂の癒し~ヒプノセラピー~

http://www.geocities.jp/kayoko_tamari/menu.html


**************************************


私の前世体験は 白いマーガレットの咲く ヨーロッパのどこか、高原のお屋敷から始まりました。


遠くに見えるなだらかな山、噴水のある広い庭の向こうにあるのは 高い壁と窓のたくさんある広いお屋敷。エプロンドレスを着て 赤いエナメルの靴を履いた幼い私。呼び名はサリー。

私自身はここに存在し 意識はしっかりあるのに かつて私が暮らしていたであろう懐かしい風景に入り込んでしまったような感覚です。

自分で作り上げている空想なのでは?という疑問を常に感じつつ、でも質問に答えている私は 直感的にそれが ‘わかる’ のです。昨日起きたことを聞かれているのと同じくらいに。

領主の娘に生まれたサリーは、それにふさわしいレディであるように父親にしつけられますが あまりもオテンバで 父親に手をやかせます。

母親もまた領主の妻として 従順さを強いられ 言いたいことも言えず 次第に笑顔も少なくなっていました。サリーはいつも母親をかわいそうに思っています。

サリーには兄がいたようなのですが 本当の兄というより いとこのような感じ あるいは養子に出されたのかもしれません。どこか別のお屋敷で暮らしているようです。

その兄の中に入ると、幼いサリーが可愛くてしかたなく 無償の愛といえるほどの大きなものを感じます。
この子が笑ってくれるなら何でもする!と思っています。

そして まだ20代で病で死んでゆくサリーの場面へ。

豪華なベッドに寝かされているサリーの足元には、父に仕えているたくさんの人。もちろん両親の姿も見えます。同時に それを知らされず 別の所で笑っている兄の姿も見えます。

どこも痛くはないのですが 体は重く息は苦しく(本当になるのですよ!) やがてサリーは息を引き取ります。

終わってしまったサリーの人生を振り返って思うことは......

* 私が笑うことで みんなをしあわせな気持ちにすることができた。
* でももう少し強ければ 母を笑わせることもできた。
* もっとみんなに優しくてきた。
.........ということです。

前世療法では、その時に1番必要としている気づきが得られる前世を体験できるといいます。

それはまさに 今の私に 1番ピッタリくるメッセージでした。

四年ほど前から発症した病気のせいで ともすれば笑顔もなくしがちで どこか心を閉ざしていたかもしれません。時には生きていることだけで精一杯で 投げやりで、生きる意味を考える余裕もありませんでした。

ほかの誰のためでもない 今の私の心にストンと落ちたメッセージ。

どんな自己啓発本も触れることができなかった心の琴線......。

時間が経てば経つほどに、その意味がわかります。

そして、サリーの厳格な父親は、私の前夫。力になりたかった母親は 今の娘。兄は現在の夫でした。

その関係性はそのまま 今のそれぞれに持ち越されました。

父親は私を大切に思い 愛情を持って育ててくれたのに それに気づかず 父の思うような私になってあげられなかった。


兄に入った時の サリーに対する愛情の深さは 今の夫が私に持ってくれている愛情と同じだと感じることができ 感謝でいっぱいになります。

そして もっと強く もっと優しければ 母を助けられた という思い。

「もっと強く、優しくなりたい」

それは幼い頃から いつも強く心にある思いでした。

それが現世 自分に出した課題だったのでしょう。忘れてなかったのですね。でも病気になってからの私は そんなことからは目を背けていました。

サリーは教えてくれたのです。


ほら!課題があったでしょう!強さと優しさを身につけて、守れなかったお母さんの代わりに 娘を守りたいんでしょう!って。

最後にサリーに抱きしめてもらった時、彼女から伝わってきたのは、私もしあわせだっからあなたも!
という言葉でした。あたたかかった......。

その後の 亡くなった私の前夫やマスター(自分を守ってくれている存在?)との会話では私の病は 学びのためには必要なものだったと。


すべて順調だし そのことを私はわかっているはずだから そのまま進みなさいというメッセージをいただきました。

セラピーを受けて5日経ちますが、心の窓が開きっぱなし な感じがします。必要な情報がバンバン降ってくるし(おそらくはマスターから)心に風が通って爽やかです。

全員からもらった『笑って!』というメッセージは 今も思い出すたびに涙が出ます。

今のままの私でいいのだという自信も湧いてきました。本当に素敵な体験でした。


溜 香世子さんという素敵なセラピストさんとのめぐり合わせに、心から感謝します(*^^*)

追記

前世での愛称サリー は 男の子の名前よね?と意識下の私は思っていて、最後までそれが引っかかっていたので調べましたところ「サラ」「サンドラ」の愛称で 女の子の呼び名だそうです。ビックリ!

さらに 領主 という項目で検索しましたところ、領主の住んでいる家の画像は サリーの住んでいた家とそっくり!息が止まりそうになるほど驚きました(^^;;




魂の癒し~ヒプノセラピー~

12月ヒプノモニター残席ひと枠だけあります!

http://www.geocities.jp/kayoko_tamari/menu.html


溜 香世子のコーチング

★☆1,000円のお試し体験コーチング実施中★☆

http://www.co-activecoach.jp/


長谷川幸司さんのカラーセラピー

癒しのカラーセラピー 対面1セッション 1,200円~

http://refreshment-happy-healing.jimdo.com/menue/

このコラムに類似したコラム

外側にあるもので人をはからないでください 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/11/29 20:08)

12月~1月開始のコーチングセッションご案内 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/11/24 09:27)

ありのままでいい vs 成長するということ 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/11/22 17:10)

流されない生き方 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/11/19 13:35)

娘の誕生日には、やっぱりプリキュア!? 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/11/13 09:22)