捨てる勇気 - コラム - 専門家プロファイル

岡田 敏子
Smile Factory 
東京都
収納アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

捨てる勇気

- good

手放すのは勇気がいることです。

でも、手放したときに、新しいものが手に入るということも事実です。


一昔前のモノのなかった時代には
ものを持つ。ということでエネルギーが生み出せました。


ものが一通り行き渡り、モノの豊かさに幸せを感じなくなった今、
私たちは付加価値でモノを判断するようになりました。


可愛いから・・・
デザインが良いから・・・
こだわっているモノだから・・・
高かったら・・・
ないと不安だから・・・
もしかしたら、いつか役に立つから・・・


高級ブランド商品から100円ショップ、コンビニでもらう無料のものでさえ
買うことで、持つことで付加価値をつけ、安心を得ようとしています。

しかし、現実にはモノがあふれ、散らかり、入らないことでエネルギーを

使い果たし生活に支障をきたしています。


持っているモノのスペック、機能、付加価値で判断するのではなく、


どんな素敵な生活が得ることが出来るのか?
どんな気持ちの良い時間が過ごせるのか?
どんな問題を解決してくれるのか?


などなど、自分にとって

今持っているモノがどういうことを提供してくれるかで判断していくことが


大事だと思います。


モノではなく、コト!


持っている洋服 を着てカッコイイ生き方が出来るか。

持っている本 から新しい知識が得られるか。

部屋の隅々まで見渡して、今の状態で  豊かなライフスタイルが得られるか。


ただ単にきれいにする事だけでなく
やっている収納はしまいやすく、出しやすいのか
持っているコスメやモノは自分の価値を高める最強のツールとなっているのか。

一方的な発信を信用するのではなく、信頼できる友人の情報で判断するのか。


10年前に今の状況がわかっていなかったように
5年後にどうなっているのかわかりません。

もしかして、1年後の事さえわかりません。


自分の価値がなにかを発見しなきゃいけない。

そのためには、

一所懸命捨てる。一所懸命行動する。


ただ漠然と今まで通りに過ごしていると、そのことに気付くことが出来ません。

だけど気付かないと恐ろしいことが起こります。



捨てる時間  がない!


なんていってる場合じゃないんですよ!!


このコラムに類似したコラム

タンスで眠るもの 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/09/13 11:00)

片づけのハードル 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/08/31 09:21)

秩父のワプラスカフェとの不思議なご縁 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/06/05 22:14)

捨活トレーニング ② 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/03/19 11:53)

第763号:信頼感も数値化すべき 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/02/21 06:47)