第836号:XAMPPとODBCで簡易データベースシステム - コラム - 専門家プロファイル

IT・インターネット戦略のオガコムジャパン 代表取締役
千葉県
ITコンサルタント
04-7199-8789
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第836号:XAMPPとODBCで簡易データベースシステム

- good

ビジネスの小技
2013/06/10

第836号:XAMPPとODBCで簡易データベースシステム

情報化というとExcelで表を作るのが精一杯という
中小企業も多いかと思います。IT担当を置けない
団体の方々も情報システムを構築するという発想は
中々思いつきません。
今日はその様な方々にも構築できる簡易データベース
システムについて簡単にご説明します。
特にぶつかりそうな壁を記載しておきます。

まず、何故データベースが必要なのかからですが、
データは時系列に蓄積されていきます。
この時間の差を読む事で、過去の傾向から未来を予測
する事が出来るのです。
単に数字を計算するだけで有れば、縦横計算だけで
良いのですが、加えて時間という3次元のデータを
分析する為には大量のデータを素早く扱えるデータ
ベースが便利なのです。

では、どうやって構築するのかポイントだけを箇条書き
で説明します。今回はデータベースをXAMPPという
ソフトウェアで構築し、入出力はEXCELを用います。

1.XAMPPをLAN上のいずれかのPCにインストールします。
XAMPPにはデータベースMySQL、WEB、開発環境などが一体化
した情報システム環境で、社内WEBや簡易情報システムの
構築に便利です。XAMPPはネットからダウンロードします。

2.データベースにアクセスするPC全てにODBCをインストール
MySQLのホームページからODBCクライアントをダウンロード
しインストールします。
この際の注意点は、WindowsなどのOSが64ビットの場合、
64ビット用のODBCクライアントが必要です。更にExcelが
32ビットの場合は、OSが64ビット稼働が32ビットという
組合せを意識してダウンロードが必要です。
更に、インストールされる場所が、64ビットOSの場合、
\Windows\SysWoW64です。このフォルダのODBC設定
プログラムを使わないとODBCが稼働しません。
全て32ビットならば、コントロールパネルのODBCツール
で設定が可能ですが、無意識に64ビットのOSを使って
いるとこの様な壁を乗り越えなければなりません。

3.データベースサーバ機のファイヤーウォール設定
PC間のデータ通信を行う場合、他のPCからの不正アクセス
から防御するファイヤーウォールを設定する必要があります。
細かくは書きませんが、MySQLを防御の例外とします。

4.MySQLのユーザを設定
MySQLにはアクセス可能なユーザを登録できます。
rootという絶対権限以外のユーザを一つMySQLに登録
します。

5.ODBCにMySQLのサーバとユーザを登録
上記でインストールしたODBCクライアントを利用して
どのデータベースサーバにどのユーザでアクセスするのか
を設定します。

6.ExcelからODBCを利用してデータベースにアクセス
Excelにはマクロという機能があります。ここに
データベースにアクセスする為のSQLという命令文を
書きこむ事ができます。
アクセスしたデータベースを指定して、SQL文を発行
すれば、データベースにデータを追加、読込、更新、削除
等を行う事ができます。

7.LANの場合、サーバのIPアドレスを固定します。
最近はLANルータを導入するとPCの住所であるIPアドレス
を自動的に割り振るDHCPという機能が導入されています。
この機能はルータがPCのアドレスを管理してくれるので
とても便利なのですが、データベースサーバの住所が
PC立ち上げの都度変わってしまうので、データベース
サーバのIPアドレスは固定しておきます。その際、
DHCPで自動的にIPアドレスを割り振るアドレスの外に
サーバのIPアドレスを指定する必要があります。
そうしないと、データベースを指定したPCからインターネット
にアクセスできない等の障害が発生します。

今日は簡易的にデータベースシステムを構築する際、
壁となるポイントを記載しました。
私の備忘録の様なものです。長くなり申し訳ないのですが
もし壁を乗り越えられずに悩んでいる方の一助にでも
なれば幸いです。

【6月10日って?】

今日は「時の記念日」です。
1920年に制定された歴史のある記念日ですが、
その由来は何と天智天皇の時代まで遡ります。
西暦に換算した西暦671年の今日、当時編纂
された日本書紀に「鐘や太鼓で人々に時刻を
知らせ始めた」と記載されていたそうです。

時間を守る事は生活の安定に繋がると昔の人々も
知っていたのですね。

※暦の情報はWikipediaを参照しています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ITコンサルタント)
IT・インターネット戦略のオガコムジャパン 代表取締役

真っ先に自分で確かめ、これは良いというITをお伝え致します

大手シンクタンクで22年間、IT系開発、コンサルティング、企画立案に従事。マネジャとしてお客様の業務改善に全力投球。中堅中小企業の頑張りが日本を元気にすると信じ、平成18年独立。お客様の状況に適したウェブ・IT戦略を実現し続けています

04-7199-8789
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ビジネスの小技」のコラム

このコラムに類似したコラム

第857号:時代はクラウド。サーバ機が安価に 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/07/09 07:21)

第851号:Windows8と中華パッド、そしてクラウド 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/07/01 08:00)

第651号:あっと驚く様なITがなくなった!? 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2012/09/04 08:03)

第955号:迷惑メール 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/12/02 07:43)

第936号:言葉を選ぶ訓練 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/11/05 07:43)