契約中の生命保険、予定利率はどのくらい? - 保険選び - 専門家プロファイル

澤田 勉
保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
澤田 勉
(保険アドバイザー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2020年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

契約中の生命保険、予定利率はどのくらい?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
家族を守る 保険のお勉強
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

生命保険には「予定利率」というものがあります。

予定利率は保険契約の「運用を示す一つのものさし」で
保険会社が「お預かりした保険料を最低、このぐらいで
運用していきます」と宣言しているものです。

予定利率は保険商品と契約時期によって上下しています。

以前、保険会社が「契約の転換」を積極的に行ったのは
「逆ザヤの解消」を目的としたというニュースがありました。

ようは予定利率の高い時期の契約は保険会社にとって不利なので、
予定利率の悪い商品に契約をしなおしてもらう作業だったのです。
(今はこのようなことは保険業法違反ですので、ありませんよ)

なので、予定利率の高い時期に加入した保険を解約するのは
非常にもったいないことになります。
今、ご契約中の保険が自分に有利な契約かどうか、
調べてみてはいかがでしょうか?

当社ライフィサイトで過去の予定利率について
詳細に説明しています。
ひとつのご参考としてご覧ください。