遺骨の納め方(納骨) - お墓・墓石 - 専門家プロファイル

想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
墓石・石材コンサルタント 代表取締役
栃木県
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:葬儀・お墓

想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
(エクステリアコーディネーター)
三村 麻子
三村 麻子
(イベントプランナー)
想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
(エクステリアコーディネーター)
想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
(エクステリアコーディネーター)
想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ
(エクステリアコーディネーター)

閲覧数順 2017年05月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺骨の納め方(納骨)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 葬儀・お墓
  3. お墓・墓石

「遺骨はどのように納めるの?」


我々の肉体は、亡くなると火葬場で荼毘される。
肉は煙に、骨は骨ガメへと、遺族、関係者で拾われる。

あくまで土に帰るまでの、途中の出来事。
骨ガメは移動する為の仮のもの。


納められた遺骨は土へと返りたがっているのである。
そして、大地もそれを望んでいる。

しかし、それは急いではいけないのである。
次第に次第にと、時間をかけ、馴染ませる作業が必要なのである。
幾年の時間が必要なのだ。

その為には、木綿が丁度良い。
木綿の『骨袋』に遺骨を包むのである。


大地には 『浄土(赤土)』をまく、新たな遺骨を迎える準備なのである。
木綿の『骨袋』に包まれた遺骨、そっと、ゆっくりと大地へと届ける。

そして、『浄土(赤土)』を包むようにそのうえに被せるのである。
骨袋に入った遺骨は次第に大地へと帰依していくのである。

ゆっくりと、ゆっくりと、時間をかけ、大地と一体化するのである。
急いではいけない、ゆっくりとゆっくりと、生き埋めと同じ様にならない為にも。



出来うるなら、墨で書いた『死者の書』を一緒に埋められることをお薦めしたい。

このコラムに類似したコラム

直葬の真実 三村 麻子 - イベントプランナー(2012/06/01 21:51)

海洋散骨体験に行ってきました その3 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2013/03/06 00:00)

海洋散骨体験に行ってきました その1 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2013/02/28 23:29)

誰にも聞けない葬儀社さんとの事前相談の仕方 三村 麻子 - イベントプランナー(2013/02/12 09:26)

多磨霊園のお仕事 想いのお墓コーディネーター 酒井イクオ - エクステリアコーディネーター(2012/10/03 22:55)