「殺人」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

青砥 浩史
青砥 浩史
(モータージャーナリスト・インストラクター)

自動車の運転を理論的かつ社会的に解説できるインストラクター

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小島 雅彦
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

一般物件・住宅火災・地震・賠償責任・労災・運送・バイク盗難

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)
阿部 マリ
阿部 マリ
(行政書士・家族相談士)

閲覧数順 2023年01月29日更新

「殺人」を含む検索結果一覧

240件が該当しました

利用者からのQ&A相談

カウセリングの効果について

殺人願望はカウンセリングでなくなりますか。親友に人を殺してみたいと真剣に相談されて、被害者の悲痛や、家族への迷惑など道徳的な説明をしましたが、全く心に響いていなかったので、最終的に家族への相談と精神科へのカウンセリングを進めました。似たような理由の犯罪をニュースで見て、少し心配になってます。

回答者
吉田 靖
心理カウンセラー・パソコン講師
吉田 靖

離婚は考えているのです

夫は、パチンコなどギャンブルがやめられず、金銭的にもだらしなく、色々な支払いも滞ることが多く、なにか言えば大きな声で逆ギレしてきたり、うそついたり。最初は、私だけが我慢していればと、代わりに返済したり、してきましたが、子供も産まれそれではダメだと、旦那の実家に相談し、旦那を実家にかえして、別居。私は自分の実家にいて、仕事と子育てをしておりました。いまは、勝手に実家をでて、どこにいるか、住んでいるの...

回答者
吉田 容之
探偵、離婚アドバイザー、防犯アドバイザー
吉田 容之

自分が怖い

いままでずっと自分や過去を見ないようにして生活してきました。過去を振り返っても今の自分にはマイナスになるものしかないと思っていたし、自分を自分で縛りつけて沼にはまってしまうような気がしていたからです。ですが最近、昔のことをふと思い出すことが増えてきて、その度に人を殺したい衝動に駆られます。 私は生まれてから9歳まで数ヶ月ごとに替わる家政婦さんに育てられました。母はずっと病気であまり家にいなくて5歳...

回答者
田尻 健二
心理カウンセラー
田尻 健二

賃貸か売却かで悩んでおります

はじめまして。不動産の素人の質問で大変恐縮ですが、ご教授頂けますと幸いです。現在都内のマンションを所有しており、家族が増えて手狭になった事から、この度戸建を購入し、今まで住んでいたマンションを売却するか賃貸に出すか悩んでおります。場所は地下鉄の最寄駅から徒歩4分、最寄駅以外にも、JRの異なる路線の2つの駅までそれぞれ徒歩10分と12分、路面電車、バスを含む計5路線の駅・停留所が利用可能です。また、...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

ESTA、ビザ

アメリカに行く予定があるのですがESTA、ビザについて分からないことがあります。私は、19歳のときに万引きで捕まりました。不起訴処分(?)で(指紋採取、写真撮影、調書作成はしました)逮捕されたり有罪判決はうけていないのですがESTAを申請する際に犯罪に関する項目で「いいえ」を選択しても虚偽の申告になりませんか?それともこれは逮捕歴に含まれるのでしょうか? また、もしESTAが利用できずビザを取得し...

回答者
奥村 徹
弁護士(大阪弁護士会)
奥村 徹

専門家が投稿したコラム

アメリカのWhite Trashを知る - なぜトランプが登場しTrumpismがはびこるか

Pamdemicの今でも、ほぼ毎日相談が舞い込みます。 「カナダに留学希望です。」 「アメリカに留学しようと思っていますが、大丈夫でしょうか。」   英語を話す北アメリカの国、カナダ・アメリカで勉強し生活しようとする日本の人には、絶対知っておいてほしい知識があります。 ここで紹介するアメリカの汚い抑圧の歴史を知った後も、それでも留学を、特にアメリカ留学を希望する人はこれからも相当長く続く...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

(10/29)Covidカナダ最新危険情報- 高校留学生は出国するべき

アメリカ式民主主義の終焉を、崩れ行くアメリカのすぐ北側のカナダから観戦しています。 Civil unrest(市民の暴動)が予想され、カナダ・アメリカ国境に近い自宅にもどんな影響があるだろうと戦々恐々の日です。   カナダ、アメリカ、そして世界が日毎に危険になっています。 Covid-19の広がりはもちろん、従来の秩序が完全に壊れ去った世界では今までの「常識」「思い込み」は通用しないことを...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

一見の価値あり!今までで一番鮮明で詳細な「興味深過ぎる透視メッセージ」

今回ご紹介させて頂く記事は、今この時期に誰もが知りたい内容がおてんこ盛りではないかと私は感じますので、皆様にシェアさせて頂きたいと思いました。(※信じる・信じないは、各自の判断でお願い致します)   これは「今まで一度も間違った事がない」という透視能力を持たれたカナダ人の友人を持つ方が、その友人が透視されたものをブログに書かれていたものなのですが、   その非常に興味深いメッセージ内容は、...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

「日本女性と語学学校と低級白人とのセックス」

(要約) 日本人留学生Natsumi Kogawa(30歳)の変わり果てた姿が発見されたのは2016年9月28日。 バンクーバーのWest Endにある廃墟になっているGabriola Mansionの外に置かれていたスーツケースの中には、Natsumiさんの腐乱した裸体が入っていました。 犯人は死体発見後数時間後に逮捕。 William Schneider(53)。 2018年1...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

「ドアノブ」「クローゼット」は"自殺と見せかけた他殺"で使われる彼らの暗号です

私は普段、あまり芸能人のゴシップなどを取り上げる事は好まないのですが、最近の芸能人の方達の相次ぐ訃報、特に不自然な自殺の報道には、とても違和感と不信感を持っています。   何故なら芸能人に限らず、"自殺"とされる時に、報道で「ドアノブ」「クローゼット」という表現が出て来た時、それは裏の社会を牛耳って来た者達の"他殺の暗号"として、知る者にはとても有名だからです。   そうして犠牲になる方達...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「殺人」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (21件)

  • コラム

    (219件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索