「医療費控除」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダにいらっしゃい!

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

29年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

渡部 真也
渡部 真也
(しつけインストラクター)

超大型犬、成犬、訓練を断られてしまっても、私にご相談ください

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)
大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2018年02月23日更新

「医療費控除」を含む検索結果一覧

619件が該当しました

利用者からのQ&A相談

年末調整をせずに確定申告とまとめることが出来ますか??

税金に関して全く無知な者で、恐れ入りますが教えて頂けると助かります。現在、1箇所から給与を頂いて、2箇所からそれぞれ報酬を頂いてます。毎年、給与を頂いている方は会社に年末調整を提出していて、2箇所からの報酬分は合わせて確定申告をしています。例えば、給与分の年末調整を会社でせず、確定申告をする際に一緒にすることは可能なのでしょうか??毎年、期日までに提出しなければ各自で確定申告をしてもらうことになり...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

雑所得のみの申告

ただいま、学生でして、雑所得のみの申告になるのですが雑所得よりも医療費の方が上回っています。申告するべきなのでしょうかどうか宜しくお願いします

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

年末調整について

平成27年の11月半ばに仕事を辞め、12月に結婚し、初めて確定申告をしました。平成28年の、2月から扶養内でパートをしてます。今年は会社の年末調整を申告しますが、確定申告もした方が良いのですか?教えて下さい。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

乳がんや、子宮頸がんの検診料は医療費控除の対象になりますか?

40代女性です。最近、友達が乳がんになり私も心配になったので乳がんの検診を受けようと思いました。検診料は医療費控除の対象になるか教えていただきたいです。※この質問は、事前にユーザーからいただいた質問を専門家プロファイル編集部が編集した質問です。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

会社を辞めた年の確定申告について

昨年の5月末に退職し、私はいわゆる低所得なものの、在職中は母(片親で年金暮らし)を扶養に入れていました。退職後から現在は失業保険受給中で、今後は夫の扶養内で働く予定です。この状況で確定申告に取りかかっているのですが、今回の確定申告も母を私の扶養に入れて確定申告できるのでしょうか?気になる点として母は医療費が年間10万を越えています。

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

税金が還付されるかもしれないですよ

いよいよ16日から確定申告が始まりました、 会社員公務員で下記に当てはまる人は税金が還付されます。日本は税金は申請主義(こちらが言わないと返してもらえない)なので、一度確認しましょう。 ・医療費が年間10万円超→医療費控除 ・年間12,000円超の医薬品を買った→セルフメディケーション税制(昨年から創設) ・住宅ローン住宅購入・や増改築→住宅ローン控除等 ・災害、盗難、横領に遭った→雑損控除...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

ビットコインの売買で損失を出したら

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)が脚光を浴びています。POSレジの会社が外国人観光客向けにビットコイン決済対応を進め、大手証券会社が暗号通貨取引所開設の準備に入っています。普及が進むにあたり、気になるのは税金の扱いです。8月28日、国税庁ホームページ「タックスアンサー」にて、ビットコインの売買に税金がかかることが公表されました。 大まかにいえば、私たち個人が、 ビットコインを資産運用...

上津原 章
執筆者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー

セルフメディテーション税制(医療費控除)て何?

 2017年1月からセルフメディテーション税制というのがスタートしたそうです。 自分で特定の薬を買った時に、医療費控除が受けられる税制です。 年間で12000円以上指定された市販薬を買う人は、上限8万8000円まで医療費控除として認めてもらえるそうです。 単純に言えば、「ちょっとした病気なら病院行かずに自分で薬買って治してね。」ということですね。 ただ、セルフメディテーション税制を受けるには、...

木村 和夫
執筆者
木村 和夫
鍼灸師

税金が得するお話です

税金が得するお話です 2017年は税や社会保障を始め様々な分野で私たちが普段が変わります。その中で身近なものをご紹介します。 この1月からは公務員や主婦は個人型確定拠出年金(PC、401K、iDeCo)をすることができます。これは掛け金が全額所得控除になるので税金が安くなるなど多くのメリット(手数料や元本が減るなどのリスクもデメリットもあり)があるので検討しても良いかもしれませんね。 またあ...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

平成29年度税制改正大綱 医療費控除

先日、平成29年度税制改正大綱が公表されました。   医療費控除又はセルフメディケーション税制の添付書類が変更になります。 平成29年分以後の確定申告書から適用されます。 (平成29年から31年分までの確定申告については現行との選択)   (現行) 医療費の領収書又は医薬品の購入の領収書のそれぞれ原本を添付あるいは提示   (変更後) 医療費の明細書(健保組合等からの医療費通知...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「医療費控除」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (296件)

  • コラム

    (323件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索