「乾式 湿式」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

倉田 友宏
倉田 友宏
(歯科医師)

長野県でインプラント治療を中心にお口の健康をサポート

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)
安藤 智洋
安藤 智洋
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2020年09月20日更新

「乾式 湿式」を含む検索結果一覧

12件が該当しました

利用者からのQ&A相談

コンクリート打ち放しRC住宅の外断熱について

築10年のコンクリート打ち放しの三階建の住宅を購入しリフォームする予定です。外断熱については湿式工法を考えています(乾式より安価な為)。ただ建物が大きく高額の費用がかかります(施工面積として450平米程度)。建物に関してですが、南面はほぼ窓、ガレージのシャッターなどの開口部なので手を付けない予定です。やるとしたら北、東、西側ですが、特に東側について悩んでいます。東側の一階は車庫等で居住スペースがな...

回答者
朝倉 美起男
お住まい長持ちアドバイザー
朝倉 美起男

プロによる住宅診断について

建築条件付き宅地を購入しました。まだ間取りを決めている最中ですが、引き渡しの前に住宅診断をしてもらいたいと思っています。この場合、前もって販売会社に伝えなくてもいいのでしょうか。なんとなく信用していないみたいで、いいづらいのですが…。

回答者
佐山慎英
建築家
佐山慎英

壁式鉄筋コンクリート造、外断熱での外壁について

当初木造軸組みを予定していたのですが強度的に厳しく、壁式鉄筋コンクリート造、外断熱での建築を予定しています。自分で調べては見たのですが外壁の事で色々解らない事があり教えて下さい。断熱材はスタイロフォームなど発砲系を予定、準防火地域です。1、外断熱での外壁材の種類は何が有るのでしょうか。木造予定時はガルスパンなど金属サイディングを予定していましたが鉄筋コンクリートでも可能なのでしょうか。安いのは何が...

回答者
青沼 理
建築家
青沼 理

トイレの床を乾式?湿式?でアドバイスを下さい。

新築のトイレを乾式にしたいのですが、業者が長い目で見ると湿式が良いと行ってきます。掃除のしやすいのと子供もいないので乾式でも良いのではと決めたのですが、いろいろ行ってくるので、押し切るべきかどうかをアドバイスください。

回答者
志田 茂
建築家
志田 茂

外壁はタイルがいいのかサイディングでもいいのか?

現在、注文住宅を検討しており、どこに依頼するか迷っています。都会の狭小地のため、隣地は民法上境界ぎりぎりの50cm(芯ー芯は65cm程度ありますが)で検討しているため、一度建てた後に足場を作るのが非常に難しいのではと考えております。そこで、メンテナンスが必要でないとの提案から外壁タイル施工を考えておりましたが、タイルでも結局10年程度で非常に高価な吊り下げ式でないとはがれチェック等必要で、メンテナ...

回答者
田中 徹正
リフォームコーディネーター
田中 徹正

専門家が投稿したコラム

2019 保証という安心

(専門家プロファイルからはこちらから←) マニアックなお話ですが、今まで乗ってきた自動車のミッションは・6速ティプトロニック・7速湿式DSGでしたが、今度のクルマは7速乾式DSGです!  耐久性に未だ?な部分があったりして、長期間駆動していると故障の話も良く聞きます。保証期間内であれば、無償で修理・交換してもらえるので安心ですね! 免許はマニュアルで取得しているので、本当はMT車に乗りたいので...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

メンテナンスいらずの外壁

住宅の外観のイメージはとても大事です。 とくに外壁の素材えらびには、プランを提案するときから 慎重になります。 それは、素材によって住宅のイメージが大きく異なるからです。   吹きつけのような湿式の素材。 重厚なイメージや落ち着いた雰囲気の外観にしたい場合は 適しています。   鋼板やサイディングのような乾式の素材。 都会的なイメージやクールな雰囲気の外観にしたい場合は 適し...

富樫 孝幸
執筆者
富樫 孝幸
建築家

タイルとは・・。

タイルをご存知ですか?   ご存知ですよね・・ 建物の壁とか床とかに貼っているあの陶器や磁器で出来た建材がタイルです。   このタイルというのは陶磁器で出来た焼き物なのですが・・ そもそもレンガから派生して出来た建材で・・ その陶磁器という物の性質として非常に耐久性や耐火性が高く汚れに強い建材です。 ただ、少々重い!   ですから、床に貼る時はさほど難しいことではないのですが...

杉浦 繁
執筆者
杉浦 繁
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「乾式 湿式」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (9件)

  • コラム

    (3件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索