寺岡 孝(お金と住まいの専門家)- コラム「家づくりは建築家が主役?ハウスメーカーが主役?」 - 専門家プロファイル

寺岡 孝
「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

寺岡 孝

テラオカ タカシ
( 東京都 / お金と住まいの専門家 )
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.4/516件
サービス:23件
Q&A:1,126件
コラム:1,926件
写真:41件
お気軽にお問い合わせください
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求
スマートフォンでも見れるホームページはこちら(※外部サイトへのリンクです)
スマホ対応HP

家づくりは建築家が主役?ハウスメーカーが主役?

- good

建築家との家づくりってどう?? 2012-08-22 02:26

以前から耳にすること。

建築家はハウスメーカーを嫌い、ハウスメーカーは建築家を嫌う。

お互いになかなか融合しない。


どちらも住宅に係るものであることは確かだ。


ところが、木造のHMである三井ホームや三菱地所などは、一般の建築家とタイアップしている。

どうしても、自前の設計士だけでは対応しきれない場合があるからだ。




やはり、HMの品質や性能と建築家のデザインなどを希望される住まい手が多くなっている。

現に当方に相談される方もこうした希望を持つ方は多い。


これに加えてデザイナー住宅と称するものもある。

こちらも「建築家とつくる家」と称し、設計は建築家で、仕様はその会社の基本仕様をベースにしている。




こうみると、建築家も嫌っているハウスメーカーに融合していることがわかる。


どちらも、いい家づくりを目指すことには変わりはない。



ここで考えることは、どちらの作り手の家が良いか悪いかを判断するのはどうだろうか???

どうしても、建築家のここが悪いとか、HMのあれが悪いなどと主張しがちだが…


戸建ての住まいには設計者の提案が重要である。

しかし、それ以上に、住まい手がその家にいかに深くかかわるかが、その良しあしを左右すると感じる。


つまり、住み始めてから、いかにその家に対して愛着を感じるかどうかだ。


設計段階ではOKとされた提案も、実際にはその提案が住まい手と合致しない場合もある。

しかし、家に対する愛着があれば、住まい手はそれを自分らしいものに工夫して変えていく。


これは、この世界に25年以上かかわっているとわかる。


自分が昔、かかわった住宅の住まい手は、代替わりになったり一人住まいになってしまった人もいる。

また、愛着があっても何らかの理由で売ってしまう人もいる。

人生模様を感じるものだ。



住まいの良し悪しは、その設計や業者の良し悪しだけでは計れないものがある。

家を建ててから、住まい手がいかにその家に愛着をもってくれるかの方が重要である。


いかにその家に愛着をもってくれるか?

まず最初は、そこに携わる設計や各担当の腕が試されることになる。



■建築家で家を建てたい人ためのサポートはこちら


■ハウスメーカーで家を建てたい人のためのサポートはこちら

 

 

 

カテゴリ 「建築家との家づくりってどう??」のコラム

建築家の家づくり(2012/08/06 12:08)

建築家とつくる家(2012/07/07 20:07)

建築家(2012/01/17 09:01)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【関東エリア限定】戸建て住宅の設計・見積をプロがチェック

住宅メーカーなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

料金
15,000円

【関東エリア限定】
弊社日本橋オフィスの他、ご自宅、もしくはご指定の場所にも出張いたします。
ご検討の戸建て住宅の設計図や見積書をご用意ください。
それぞれの設計を比較検討し、間取りの使い勝手やデザインなどをアドバイス。
また、見積は適正価格か?検討いたします。
さらに、コストプランニングのアドバイスとご提案をいたします。

【関東エリア限定】戸建て住宅の設計・見積をプロがチェック
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真