森本 直人(ファイナンシャルプランナー)- コラム「今年1年を振り返って」 - 専門家プロファイル

森本 直人
オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

森本 直人

モリモト ナオト
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
Q&A回答への評価:
4.4/528件
サービス:2件
Q&A:1,202件
コラム:167件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

今年1年を振り返って

- good

くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える 2016-12-22 18:17

今年も1年いろいろなことがありました。

資産運用について言うと、
・日銀によるマイナス金利の導入(2月)
・英国民投票でEU離脱を決定(6月)
・米大統領選でトランプ氏勝利(11月)
など、マーケットを大きく動かす出来事がありました。


・為替

為替は、年初に1ドル=120円からスタートし、
その後、1ドル=100円を割り込むところまで進みました。

個人的には、マイナス金利の導入で円安になると思ったのですが、
むしろ円高方向に進みました。

なお本日時点では、1ドル=117円あたりで推移しています。


・株価

日経平均株価は、年初に1万8千円台からスタートし、
その後、1万5千円を割りましたが、本日時点で1万9千円台です。

イメージとして、今年はジェットコースターですね。

下り坂の局面では、恐怖心でフリーズ状態になってしまった方も
いらっしゃるのではないでしょうか。


私は、資産運用で最も重要なのは、「長期の視点による計画」と
「感情のコントロール」だと考えています。

仮に年初に、毎月コツコツと積立投資をする計画を立てスタートし、
感情を排除しながら淡々と継続できた方は、現時点で評価額は、
大きくプラスになっているはずです。

もちろん、1年計画ではなく、10年以上の長期で考えるべきですが、
「継続は力なり」の効果がよくわかる1年であったと思います。


・住宅ローン

最後に、住宅ローンです。

住宅ローンは、資産ではなく、「負債」ですが、
今年は、住宅ローン戦略に重要なカギがあったと思います。

8月には、なんと35年固定金利で0.90%まで下がりました。

驚きの金利水準です。

このタイミングで、長期固定金利に借り換えが出来た方は、
個人的には将来「お宝ローン」になるとみています。

金利水準が高い時代に契約した貯蓄性保険は、今「お宝保険」と
呼ばれていますが、その逆バージョンです。

今後、日本政府の借金問題が深刻化した時などに、悪い金利上昇が
起こるリスクもありますが、仮に定期預金の金利が1.2%程度まで上がれば、
繰上げを返済せず、そのまま元本保証で運用効果を出せる計算です。


また来年も、いろいろなことが起こると思います。

その時々の判断がありますので、金融経済の動きをよく観察しておくこと
をおすすめします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム