●イメージコンサルタント 2.「ブランドイメージ」 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

鴫原 弘子
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

●イメージコンサルタント 2.「ブランドイメージ」

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
●イメージコンサルティング「見た目戦略」 パーソナル・スタイリング
こんにちは、しぎはらです。

イメージコンサルタントの最初の仕事は
依頼主の「ブランドイメージ」を作り上げる作業。

「ビジネス上、相手にどのようなイメージを与えたいのか?」
という、自己ブランディングが要となる。

ビジネスパーソンとしての自身が
「企業イメージであり、メディアである」という認識の基に
自己を徹底的に客観視し、
職業にふさわしい「在るべき姿(所作・話し方・装い)」に至るまで
本人の個性や魅力と重ね合わせ、意図的に作りこむ。

それらをさらに美しく・魅力的に演出する為に 「装い」があり
所作(内面からにじみ出る・話し方・雰囲気) と統合され
「人間像」が完成される。
それらが「印象=イメージ」となり「人の心に映る」。

つまり、職業柄、どのような場所で・誰と何を話し
相手にどのような印象を持っていただきたいのか?
そして、何より大切な事は
今後のビジネスの方向性を考慮し、それらの意図を踏まえた
「未来の自分像を明確に描く事」。
つまり「なりたい私」を、自身が細部にわたりイメージできるという事でもある。

この概念は、長年、手がけてきた
「新規ブランド立ち上げ=ブランドプロデュース」のコンセプトワークに近い。
「オリジナリティー(個性)」=「ビジネスモデル」
という図式と重なるような気がする。

本人にビジネス環境と今後のビジョンをヒアリングをした後、
【知・優・美】というキーワードを提案させて頂いた。

これらを、「視覚的なイメージ」に転換し
「色彩心理」「服飾心理」に基ずき、
「メイクやファッション」に、具体的に落とし込んでいく。

【知】は彼女の聡明な明るさを映した「澄み渡るライトブルー」

【優】は成熟した女性ならではのなめらかさを持つ
   シルクのまろやかな輝きと肌触りをもつ「シルク」

【美】は、落ち着きと凛とした意志を感じさせる
   「グレイやブラックの光沢と艶」

          ☆続きは3をご覧下さい。