限られた空間にカッコよくレイアウトする手法 #6 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

限られた空間にカッコよくレイアウトする手法 #6

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
住まいづくりの発想 スタイリッシュなデザイン
こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。

私達はたくさんのモノを持ち生活をしていますが、それらのモノが効率よく機能的に使えることで快適だと感じるのだと思います。 住まいのなかでも、まさに同じことが言えると思います。 限られた空間に無駄がなく使いやすくレイアウトされた収納や家具は、とても便利で心地良さをつくりだします。

写真はマンション住居の約8畳程度の部屋を「主寝室」した事例です。 ここでは、主寝室として効率よく快適に過ごすことを優先して、空間の空きを優先するフツウの発想とは逆に、空間の中央にダブルベッド+ドレッサーを贅沢にまとめてレイアウトしています。 リビング空間とは違いよりプライベートな空間では、このようなレイアウトもアリなのです。 

ドレッサー部分はミラーを閉じれば、ちょっとしたデスクにもなり書斎コーナーとしても使えます。 そして、ナチュラル色ウッドにイエローグリーン&ワインレッドのコーディネションは爽やかな気分になれる春に向けてのオススメのコーディネートです。

住まいづくりを考える際はぜひ自分スタイルの心地よさを考えてみてはいかがでしょうか。


●3/6よりニューリリースされました⇒車と住まうライフスタイル「アーキテクトガレージ」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム

オープンリビングの法則(2009/08/08 17:08)

壁面をデザインする(2008/12/19 10:12)