M&Aによって第三者へ事業承継する場合のデメリットは何ですか? - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

東郷 弘純
東郷法律事務所 代表
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

M&Aによって第三者へ事業承継する場合のデメリットは何ですか?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

これはM&Aにより事業を第三者に売却する方法です。

 

デメリットとしては,会社に魅力がなければ買い手を探すのが困難な場合があります。

売却価格や従業員の雇用の維持等の点で現経営者の要望をすべて満たすのが困難な場合があります。

事業承継後,後継者の方針次第で経営理念や経営方針等が大きく変化する可能性があります。

M&Aが成立するまでの,情報が漏洩して頓挫する等のリスクもあります。

このコラムに類似したコラム

第3 事業承継における後見制度の活用方法 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 09:35)

2 遺産分割の手続 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/07 13:21)

相続放棄 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/07 13:28)

第4 事業承継に利用できる特例、暦年贈与 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 09:27)