孫への教育資金贈与は非課税?! - 遺言 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

孫への教育資金贈与は非課税?!

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言

政府は緊急経済対策のひとつとして、祖父母からの孫へ教育費を最大1500万円の非課税にするようです。 現状では、祖父母が進学費用や授業料などを必要になるたびに直接支払うのは非課税扱いだが、教育費名目であってもまとめて贈与すれば課税対象とされてきた。税負担を軽減することで、個人金融資産の約6割を保有する高齢者から消費が活発な現役世代への資産の移転を促し、経済活性化につなげるのが狙い。
教育費だけにせず全額非課税にした方が良いですが、税収問題があるので難しいですね。しかし65歳以上で5000万円以上所有している人は私の周りに沢山いるので、贈与非課税は積極的にした方がよいでしょう。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

生前贈与は相続時に精算 高島 秀行 - 弁護士(2015/10/19 12:00)

30代40代のアラフォー世代向け相続対策専門サイトオープン! 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/12 11:20)

磁器婚式(結婚20周年)で得られる配偶者控除 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/10 07:00)

出国税(贈与)の概要 大黒たかのり - 税理士(2015/04/23 11:06)