まずは、笑顔を向けることから始めよう1 - 恋愛の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは、笑顔を向けることから始めよう1

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛の悩み・問題

恋愛セラピストのあづまです。

恋愛、家族、人間関係、仕事・・・

悩みは尽きないものです。
そして、現在の状況が、恵まれていないと感じる方もいらっしゃると思います。
たしかに、物質的に恵まれた環境で生まれてくる人もいますし、そうでない人もいます。
また、精神的に恵まれた環境で育った幸運な人もいますし、そうでない人もいます。

人間関係は、ギブ・アンド・テイクのところがあります。自分から相手に与えれば、返ってくることが多いものです。とは言え、もらいっぱなしの依存的な人が周りに多い場合は、与えたのに返ってこないと感じることもあるかもしれません。そんなあなたは、人間関係のデトックスが必要かもしれません。

まず、同じ日本に住んでいても、実はまったく異なる世界があるのだと知ってください。

「類は友を呼ぶ」のことわざのように、人は同じような人たちと付き合う傾向があります。ただし、全く同じタイプの人が集まるわけではなく、「心の成熟度が同じぐらいの人」が集まる傾向にあります。
物質的あるいは精神的に世話をされていないと不安で仕方ない「依存的なNタイプ」と、
他人に責められたり批判されることに耐えられず自分を殺して尽くしてしまう「自己犠牲的なSタイプ」は、
同じ世界に集まる傾向がありますが、実は心の成熟度は同じぐらいです。

心の成熟度を測る上で一番大事なポイントは、自己を確立しているか否かです。他人の意見に振り回されず、大事なことは自己責任、自己決定できる心の基礎体力を持っているかどうか、ということです。


人間関係に悩まされている人の話を聞いていると、周りの人が、自己を確立していない段階の人のことが多いようです。確かにこのような場合、周りの人にも問題があると感じます。

但し、周りの人のせいにしても有効な解決法は出てきません。
現状を変えたければ解決策は結局のところ、「別れる」か「育てる」の2種類しかありません。


自己を確立していない人たちの世界


自己を確立していない人たちは、大きく分けて2つのパターンがあり、
依存的な人(N)は相手から奪おうとします。依存的な人(N)同士ではケンカが起きます。
自己犠牲的な人(S)は、捨てられないため、あるいは「悪い人」と言われないために相手に尽くします。
自己犠牲的な人(S)同士は、あまり深い関係にはならないことが多いです。

依存的な人(N)と、自己犠牲的な人(S)が一緒になると「共依存」といって、一方がわがままを言うばかり、もう一方がその尻ぬぐいをしたりお世話をするばかりの関係になります。

このようなタイプの人たちの輪の中にいる限り、人間関係のトラブルは日常茶飯事です。

まずは、笑顔を向けることから始めよう2」へ続きます。

「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

自立しているはずなのに「依存的」と言われるのはなぜ? 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/07/01 21:00)

「自分を癒し、最高のパートナーシップを受け取る」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2012/03/08 08:59)

「共感」できると、女性の扱いは一気に楽になる 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/04/22 14:00)

「ネガティブな言葉こそ、しっかり出す」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/01/06 13:07)

「自分の色を出す」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/08/22 11:46)