アダルトサイトとは - 消費者被害全般 - 専門家プロファイル

大岡 辰昇
代表
富山県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:消費者被害

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アダルトサイトとは

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 消費者被害
  3. 消費者被害全般
アダルトサイト・有料サイト

そもそもアダルトサイトとは何ぞや。

言わずもがな、なところはありますが、ネット上の解説サイトにはこうあります。

wikipedeiaによると

アダルトサイトは、成人向けインターネットサイトを指す。俗にエロサイトともよばれる。通常「18禁」・「20禁」と年齢物指定されている。

IT用語辞典によると

性的な内容を提供するWebサイト。多くは閲覧を成人のみに限定している。アダルトビデオがビデオデッキの普及に大きく貢献したと言われるように、インターネット黎明期の1990年代後半にはアダルトサイトの存在がネットの普及に一役買ったとも言われる。

アダルトサイトは男性向けの性的な内容を含む画像や映像、音声などを提供するサイトのことで、成人に利用を限定しているものが多いが、公的な証明などによって厳密に成人を識別しているところは少なく、子どもが簡単に成人向けの情報にアクセスできてしまうとして問題視されている。広告などが掲載される代わりに無料で利用できるものと、クレジットカードなどで利用料を支払う有料のものがある。利用料をめぐっては、アダルトサイトを装ってカード番号を詐取する悪質なサイトが古くから後を絶たず、近年ではワンクリック詐欺など新たな問題も起きている。

日本では性的な内容の提供は法律で制限されており、内容によっては公然わいせつ物陳列罪や児童ポルノ禁止法違反などに問われることがある。実際、過去に何度もアダルトサイト事業者がこれらの罪状によって検挙されている。こうした国内法の規制を避けるサーバを海外に設置して日本人向けにサービスを行う事業者もおり問題となっている。逆に、日本で合法でも外国で違法な内容もあり、児童ポルノ禁止法制定以前の日本はインターネットに児童ポルノを垂れ流す「児童ポルノ天国」などという不名誉なレッテルで国際的な非難を浴びていた。

アダルトサイトはトラブルと隣り合わせ

アダルトサイトの存在がネットの普及に一役買っているのは間違いないと思われます。が、そこはアダルトの宿命か、トラブルも多々あります。

基本的に、インターネットは多くの個人が作り出したサイトの集団なので、無保証です。ネット上の情報をただ鵜呑みにするのは危険なのです。アダルトサイトにおいては尚更で、好奇心だけで突撃しても痛い目を見るだけです。

しかし、アダルトサイトを活用することで、色んなお宝をゲットできるのも確かです。好奇心に準備と知識が加われば、お宝発掘はグッと容易になります。

このコラムに類似したコラム

アダルトサイトの種類 大岡 辰昇 - 行政書士(2013/01/04 02:39)

アダルトサイトのトラブル増加中 大岡 辰昇 - 行政書士(2013/01/02 01:29)

ワンクリック詐欺の相談、警察は当てにならない? 大岡 辰昇 - 行政書士(2013/01/23 02:19)

ワンクリック詐欺救済を騙る興信所に注意 大岡 辰昇 - 行政書士(2013/01/22 06:44)

ワンクリック詐欺とIP、そして対策が「無視」でよい理由 大岡 辰昇 - 行政書士(2013/01/21 22:17)