スリット、その先には・・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スリット、その先には・・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
イエノイエ
アプローチを進むと、建物の壁に細長いスリットがあります。
スリットを覗くと、その先に、広々としたテラス、長い軒先、そして奥にはさらにスリットが見えます。

このスリットは、風と視線を少し抜くために設けました。

小さな島に建つイエノイエの周辺は、いつも風が吹いています。強風が吹くことも多く(台風はもちろん)、『いかに風を逃がすか』が重要なテーマでもあります。こんなちょっとしたスリットですが、これにより風の通り道ができて、建物がダイレクトに風を受けるのを緩和することができます。
風は一定方向から吹くわけではなく、つねに変化していますので、その動きを読むことはとても難しいのですが、なるべく行き止まりをつくらないよう、適所に風の抜け道をつくり、家の中に清々しい空気が流れるようにしたいですね。

また、視線をどう抜くかも大きなポイントです。初めて家を訪れる人は「どんな家なんだろう?」と少なからず興味をもっているもの。アプローチからどう導いていくか・・・それには色々な手法があると思いますが、このようにちらっと中の様子が見えると、家に入る期待感がよりいっそう増すような気がします。
実際の人の目線に立って、何が見えて、何が聞こえて、何がどう感じられるのか・・・、それらを意識して設計するよう心がけています。

ところで、このスリット、外から中を覗けるだけでなく、当然テラスで寛いでいる時に外の様子を眺めることもできます。スリットを通して見る風景というのは、カメラのフレームを通したように、風景を切り取るので、同じ風景でも違った見え方ができて面白いものですよ。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「イエノイエ」のコラム

3年ぶりに沖縄へ(2009/07/17 08:07)

空から眺めたイエノイエ(2008/04/30 00:04)

夜の表情(2008/04/24 23:04)

水面のようなテラス(2008/04/18 23:04)

無限の天井(2008/04/11 00:04)