保険の見直し - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

松山 陽子
株式会社 生活設計FPワーク 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多くの方が生命保険に加入していますが、その大半は、勧められるままに加入し、内容をよく理解していません。

今回、相談を受けた人の保険証書を拝見すると、80歳までの死亡に3000万円が支払われるものでした。

働き盛りの方や、こどもが小さい方は、万一死亡したら、それなりの保険金が必要でしょう。しかし、はっきり言って、80歳間近で3000万円支給されて、遺族は何に使うのでしょうか。

しかも、80歳までの定期保険なので、80歳を超えると保障はナシ。80歳までに死んでよ、なんて考えるのもイヤですよね。

保険料は、45歳の今は18000円/月ほどですが、50歳、60歳、70歳に更新されます。おそらく死亡する確率の上がる70歳になれば、払えないような保険料になり、結局解約… 長年かけたのに、50万円ほどの返戻金を受け取っておしまい、となりそうです。

この方はお子さんは小さいのですが、厚生年金の事業所で25年間働いており、遺族厚生年金もそこそこあります。また奥さんも働く意思もお持ちなので、遺族基礎年金と合われば、そんなに大きな保険は必要ありません。

保険は大きければ大きいほどよいわけではありません。

葬式費用をまかなう数百万円の終身保険、こどもが成人するまでの生活費を補足する収入保障保険、入院や手術に備える医療保険を提案することにしました。

 

このコラムに類似したコラム

生命保険の失効と復活 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/18 12:00)

ソンする保険、トクする保険とは 矢崎 雅之 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/18 12:00)

保険会社により、同じ保障で保険料は最大2倍超も違う! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/31 17:18)

御嶽山噴火で保険会社は免責条項を不適用 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/04 12:31)

終身保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/21 07:00)