経営者の仕事 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日は経営者の仕事についてのお話です。

経営者の仕事は様々です。企業経営全般に携わるわけですから当然のことなのですが、経営者ならではの仕事というものがあるのではないでしょうか。

「考えること」は経営者にとって重要な仕事の一つでしょう。もちろん考えているだけではダメなわけで、行動も伴っている必要がありますが、やはり「考える」ことは重要です。

中堅・中小企業の経営者の場合、人材不足から経営者も行動することが求められる場面も少なくないですよね。但し、怖いのが経営者が行動することに時間をとられてしまい、「考える」時間がとれなくなってしまうことです。

経営という視点で見た場合には、船長が舵取りをしていないようなものです。ある意味非常に大きなリスクを抱えているともいえます。

部長、課長などのマネジメントを育成し、積極的に権限委譲するなどして、経営者が「考える」時間を確保するべきでしょう。

経営者は長期的な視点での企業経営の舵取りが求められています。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

世代交代(2016/11/17 09:11)

業務の効率化や標準化(2016/10/27 10:10)