和風住宅のリフォーム 古さと新しさの融合 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

各務 謙司
カガミ建築計画 建築家
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和風住宅のリフォーム 古さと新しさの融合

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
和風住宅・日本家屋リフォーム

和風を残したリフォームの難しさ


今回の和風リフォームは、古い材料を残しながらのリフォームです。
いわゆるスケルトンリフォームと言われている、
既存内装を全て撤去してから工事を始めるリフォームと違い、
古い材料の間に''新しい部品''入り込み、
新しい要素の間から''古い素材''が現れるような、
入り組んだリフォームとなっています。

特に工事の途中で古さと新しさが
融合している箇所を紹介します。

新旧の融合


まずは、古い鴨居に新しい鴨居を埋め込んだ箇所です。
既存の壁を壊さないで、その壁に直交する形で
新しい引き違い戸を付けるので、このように
新旧の鴨居がクロスしています。

もう一つは、古い柱とフローリングの取り合いです。
柱も古くなるとねじれたり、欠けたりしているので、
壁と平行に張り出したフローリングも、
柱の箇所で調整が必要になります。

この場合は、柱の一部を欠き込んで、
フローリングを埋め込む事で、
埃が入り込む隙間をなくしています。

どちらも大工にとっては面倒な箇所でしょうが、
見せ場でもあります。

設計者が注意しながら見つけて褒めたり、
お施主に工事の大変さを伝える事で、
今回の現場の大工さんもやりがいを感じてくれているようです。

カガミデザインリフォーム 各務謙司

東京都港区白金台3-12-2-303
Tel/Fax:03-5789-4146
info@kagami-archi.com