成年後見制度と特別障害者控除 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

成年後見制度と特別障害者控除

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

成年後見制度とは、

認知症や精神障害などの理由から判断能力が十分ではない方の財産等を保護するために、家庭裁判所によって選任された成年後見人等が本人に代わって財産等の管理等を行う

制度です。

一人暮らしの高齢者の増加により、この先ニーズが急増すると思われます。

現在では司法書士などが成年後見人等になるケースが多いと聞いています。

この度、成年被後見人について名古屋国税局から、ある文書回答が公表されました。

「成年被後見人として家庭裁判所の審判を受けた者は、所得税法上、特別障害者控除の対象者に該当する」

というものです。

所得税法上の障害者控除や特別障害者控除と民法上の成年被後見人とは関係ありませんでした。

つまり、成年被後見人であっても、所得税法上の障害者控除や特別障害者控除が適用されるかどうかは個別に判断されるものとされてきました。

しかし、この文書回答により、成年被後見人であることは、同時に特別障害者控除の対象者であることが確認されました。

なお、特別障害者控除を適用を受ける場合ですが、法令上、それを確認するための書類の添付自体は要件ではありませんが、万が一、税務署から提出を求められた場合には

法務局が発行する成年後見人の権限等が記録された「登記事項証明書」を提出すれば大丈夫です。

このコラムに類似したコラム

出国税(贈与)の概要 大黒たかのり - 税理士(2015/04/23 11:06)

「家」を継ぐための養子縁組 高島 一寛 - 司法書士(2014/12/24 18:09)

【個人の国外財産は、2兆5000億円???】 近江 清秀 - 税理士(2014/08/25 07:00)

夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除を活用した贈与事例 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/22 18:21)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!