毎年3%の需要を創る - 地域活性化・町おこし - 専門家プロファイル

株式会社井門観光研究所 代表取締役
東京都
マーケティングプランナー
03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
江川 晴子
(イベントプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

毎年3%の需要を創る

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域活性化・町おこし

20年後の旅館を予想する

ロンドンオリンピックも終わり、静かな夏が戻ってきました。特段の大事もなく淡々と今年も進んでいますが、この後、総選挙があります。大統領選挙もあります。何が起こるかわかりません。金融機関の動きも出てきました。年始で「今年は何か起こる」と予想しました。今年はこれからだと思います。

今年の事を考えていたら、ある雑誌社から「20年後の旅館」を予想して欲しいとの相談がありました。おもしろい!としか即答はできなかったものの、おそらくガラっと変わっているでしょうと回答しました。

その根拠として、現需要が毎年3%ずつ減ると仮定しましょう。一方、新需要が毎年3%ずつ増えていくとします。すると23年目には需要が逆転するのです。

新しい3%の需要で明暗

なにか、毎年3%ずつ増えている需要はないでしょうか。

ある旅館では、外国人宿泊者が3%生まれたそうです。ある旅館では、現地発着旅行の売上が売上高の3%あったそうです。おそらく、こうした旅館はその需要で20年後もちゃんと生き残り、発展していることでしょう。

そうした「新しい3%の需要」がない旅館はどうなるのか。

期待される地域に立地していさえすれば、チェーン展開する旅館経営会社に組み込まれ、オーナーは変わらずとも運営者が変わっていることでしょう。そうした旅館の売上高も毎年3%ずつは増えているはずです。

20年後、旅館の予約はほぼ完全にネット化され、団体もネットを通じて予約されていることでしょう。そうした対応を予測し、今からアクションを起こしていける旅館が残っているはずです。

逆に20年前(1992年)、どうだったでしょうか。

バルセロナオリンピックで岩崎恭子が金メダルを取りました。団塊の世代が40代の管理職としてバリバリ働き、日本経済はわが世の春を謳歌し、旅館業は過去最高売上を達成しました。

20年は、あっという間です。しかも、市場はガラっと変わります。それを予感しておくことが重要です。

 (トラベルニュース 8月25日号「井門隆夫のCS宣言」)

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マーケティングプランナー)
株式会社井門観光研究所 代表取締役

旅館業を知りつくした「観光地再生」の仕掛け人

20年の旅行業経験や10年にわたる旅館事業再生の現場を通して得た独自の知見とノウハウを持つ「旅館アナリスト」。「旅館業と地域との連携」や「インバウンド受入推進」等を通じて、新しい時代に対応した「地域の仕組みづくり」の実践を支援しています。

03-3265-7255
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

ベトナムに学べ 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/09/28 23:28)

旅館業界の今後を象徴する組織の誕生 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/08/03 14:48)

2020年「地旅」が花開く 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2014/02/16 23:24)

旅で好き嫌いをなくそう 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/07/16 21:22)

旅館料理の法則とは 山田 祐子 - 旅館・民宿プランナー(2013/05/27 13:34)