旅で好き嫌いをなくそう - 地域活性化・町おこし - 専門家プロファイル

井門 隆夫
株式会社井門観光研究所 代表取締役
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
山田 祐子
(旅館・民宿プランナー)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

旅で好き嫌いをなくそう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. 地域活性化・町おこし

増えるアレルギーに好き嫌い

春(5~6)の修学旅行シーズンも一段落。関係者の皆様はお疲れ様でした。思えば、30年前、私も社会人駆け出しの頃は修旅の営業マンでした。

その頃は思いも及ばなかったことのひとつに子供のアレルギーの多さがあります。万一のことがあれば、当の本人もかわいそうですが、引率者にも責任が及ぶとあって、先生をはじめ、旅行会社や旅館ホテルの皆様も気が気でないでしょう。

何かの生活環境の変化がこうさせてしまってきたのでしょうね。

それはさておき、アレルギーではなく、食べ物の好き嫌いも増えている気がします。旅館の方もおっしゃっていました。お刺身は食べられない、骨のある魚は苦手、野菜は抜いて、等々。好き嫌いをはっきりとおっしゃる方(大人)が増えたと。
もしかしたら、今までは言えなかったのに、近年はご丁寧にも「お嫌いなものがあれば仰って下さい」などと言われることが、余計に輪をかけているのかもしれませんね。

旅で好き嫌いのない子を育てたい

誰でも、苦手なものがあるのは仕方ありません。ただ、ふつう(アレルギーではなく)単なる好き嫌いなら大人になる過程で克服していけるものですが、代わりのものが十分ある現代、その必要もなくなってしまったのでしょう。

となると、好き嫌いをなくす方法はただひとつ。子供の頃に何でも食べる子となることです。

家庭では甘えがあるため限界があります。そこで「旅」の出番。旅こそ「食育」の場であるはずです。

もうすぐ夏休み。好き嫌いの多い大人から子供を離し、甘えのない環境で子供だけを預かる「食育プラン」を作ってみるのはどうでしょう。地魚や新鮮な野菜など、とれたてのものなら子供は必ず「おいしい!」と言うはずです。特にうんと遊ばせた後なら。

旅館ホテルもハンバーグランチやバイキングでごまかしてはいけません。親だって何でも食べる子に育って欲しいに決まっているからです。旅に出る度に好き嫌いが減っていく。そう思ってくれれば、また旅に出てくれるはず。

この夏、好き嫌い撲滅・食育プランを地域で始めませんか!

(井門隆夫の「CS宣言」トラベルニュース6月25日号より)

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

ベトナムに学べ 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/09/28 23:28)

旅館業界の今後を象徴する組織の誕生 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/08/03 14:48)

旅館料理の法則とは 山田 祐子 - 旅館・民宿プランナー(2013/05/27 13:34)

バックパッカーズ宿・最前線 山田 祐子 - 旅館・民宿プランナー(2013/05/11 14:00)

2013日本の宿ヒット予測BEST3! 井門 隆夫 - マーケティングプランナー(2013/01/04 00:36)