火災保険の見直し・・・ポイント - 火災保険 - 専門家プロファイル

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役
京都府
保険アドバイザー
0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険の見直し・・・ポイント

- good

  1. マネー
  2. 損害保険・その他の保険
  3. 火災保険

<火災保険を見直すポイント>

火災保険は中途解約が可能で、いつでも契約内容を見直す事ができます。

中途解約しても保険期間の残り期間、未経過期間分の保険料がほぼそのまま戻ってくる可能性があります。

解約して新たに契約してもデメリットは、あまりないのです。

火災保険は、この数年で補償対象・契約体系・補償金額など、大きく変化しております。

現在の商品では選択の幅が広がり、うまくいけば保険料を下げる事が可能です。

「火災保険はいつでも見直しが可能」と考えて下さい。

まずは、現在加入してる保険証券で内容を確認する事が必要です。

保険料を下げる方法としてのポイントは、各社、商品に違いがありますが、

<契約期間>

長期契約にする事で長期割引があります。一年契約より長期契約にする事。

<免責金額を設定>

自己負担額を設定する事で保険料を下げる事が可能です。

<不要な補償を外す>

現在では補償内容を選べる商品もあります。一般的な火災保険では多くの補償がセットになっている。

(保険会社によって取り外しが可能かどうか?違いがあります)

特に水災を外すと保険料が下がります。

住んでる地域によりますが高台に立地してる戸建やマンションの中高層階なら水害の危険性は低い。

最後に必要な補償がついてるか?適正か?

気をつけていただきたいのが保険料を下げるだけではなく、再調達価格(新価)になってるか?です。

かつての火災保険は時価契約となっているケースもありますので注意が必要です。

時価の方が保険料は安いですが、万が一に時には十分な補償を受けられなくなります。

内容がわからなければ代理店に聞いて見る。保険証券をなくしても再発行してもらえます。

補償内容で少しでも不安・不明な部分があれば代理店に尋ねる事が見直す近道です。

<火災保険見直し>

保険アドバイザー小島雅彦http://kasaianshin.com/

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 保険アドバイザー)
企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険の提案、スキームの見直しなどのお手伝いを致します。保険料削減についても、方策につきご提案いたします。既取引損保会社以外にセカンドオピニオンを活用できる体制を構築しておくことが良策と考えられます。

0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

長期に働けなくなったときの保険 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/09 15:00)

大雨による浸水・・・・保険 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2014/09/05 11:03)

補償の対象を考える(火災保険) 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/12/11 08:50)

火災保険料値上げ??? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/10/22 08:49)

地震保険料が2014年7月から引き上げ!長期契約で節約しましょう! 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/08/15 09:31)