子どもの本音、知っていますか? - コーチング全般 - 専門家プロファイル

加藤 ゆき
BREEZE 講師
愛知県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもの本音、知っていますか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

 子供たちの本音知っていますか?

 学級で、子どもたちの本音を引き出すのは、そう簡単ではありません。 

 先生業を体験した方々は、よくわかると思います。また、家庭では、学級の様子は、なかなか想像しがたいでしょう。

 

 学級経営のキャリアは、最も多い族になる私ですが、学級の雰囲気は、全部違います。

 毎年、それがわくわくドキドキなのです。

 先生の指示命令が多すぎると子供たちは、受動的になり、意見が少なくなります。授業は進んでいるように見えるのですが、能動的であるより定着度は低いです。脳科学的にも証明されています。今や常識でもあります。

 コーチングマインドをもって学級経営すると、子供たちは、アイデアをたくさん出してくれます。子どもの発想は、「わくわくドキドキ」なのですが、それを目標にそって、いい方向に持っていくのは、センスが必要です。

 子どもが好きで興味があれば、だれでもできます。そのエキスを知れば早いです。

 

 学級での子供たちの本音・・・そのひとつを紹介します。

「なりたい自分」を全体で討論しました。これを「学級目標」へつなげます。

コーチング手法で、何を話しても否定されない雰囲気になっていますから、具体的にも抽象的にも「出るわ出るわ、宝がー」という感じです。コーチング手法では、短い時間でたくさん意見が出ます。

 結果をまとめました。

なんだと思いますか?

 強

 

です。

 

 それを、具体的に「何がー?」「・・・?」と仕分けしていきます。

 すると3つになります。子どもの言葉をマインドマップ風にしてみたら驚きなのです。

 その3つ、

 それを「学級経営」のコーチングでお伝えしています。

 その3つをクリアすれば、全員が、「なりたい自分になり、活き活き輝く学級」になります。

 それぞれのクリア手法も実際にワークします。

  子供たちが本音で「活き活き学級」になれば、先生業の大変さも吹っ飛びます。学力もあがります。人気の先生と言われます。子どもたちも、その学級の雰囲気をいつまでも覚えています。その風は、家庭までもなびきます

このコラムに類似したコラム

こどもを怒らずに見守る21日間の自分との約束~その3~ 高野 まゆみ - 研修講師(2011/07/15 10:45)

コーチはなぜ質問するのか 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/16 17:48)

意識の進化 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/04/13 17:15)

ぴったり翻訳 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/04/03 11:40)

やりたいことに出会う 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/03/30 23:51)