【相談実例】助けて!夫の浮気、離婚を迫られています - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

久保田  優子
株式会社カラットクラブ 修復・離婚アドバイザー
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

佐藤 千恵
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)
岡野あつこ
(離婚アドバイザー)
佐藤 千恵
(離婚アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【相談実例】助けて!夫の浮気、離婚を迫られています

- good

こんにちは、修復・離婚アドバイザーの久保田です。

こちらには実際にお客様からお受けしたご相談に、どのようなアドバイスを差し上げたのかご紹介していきたいと思います。

 

■相談者 30代後半女性

主人の3回目の浮気が発覚し協議離婚で話を進めてきましたが、経済的に無理なため、離婚を3年後に先延ばしにして欲しいと伝えました。すると「不倫相手と結婚するので、そんなに待てない、今すぐ!」と断られました。

最後の手段で主人の会社の上司に相談すると、既に社内で噂になっていて、これが事実なら解雇されかねないと言われました。

現在パート収入は月9万。子供が小さいため正社員にもなれず、実家も遠方なので頼れません。現在は別居中、修復はもう不可能なため離婚は避けられませんが、経済的に難しくどうしたらよいか分かりません。。。



■久保田からの回答

小さなお子さんがいらっしゃるのに、不倫をしているご主人からは離婚を迫られご実家にも頼れずおひとりで頑張っているご様子。どんなにか心細く、不安なことでしょう。


現在別居中、協議離婚の話を進めていらっしゃるとのことですが、不倫しているということが事実であれば、ご主人は有責配偶者ですから彼のほうからは離婚が出来なくなります。いくら「今すぐ!」と迫られていたとしても、離婚の主導権はあなたにあるのですよ。


お子さんが小さく正社員で働けないのであればなおのこと、今すぐ離婚に応じる必要はありません。離婚となれば、パートのままというわけにもいかなくなります。ご自身の生活の目処がたつまでは、あくまで「離婚はしたくない」と言い張って婚姻費用という名の生活費を貰い続けましょう。ご主人は聞く耳を持たないはずなので、あなたが頼んでも無理かもしれません。家庭裁判所で婚姻費用分担の調停を申し立てた方が早そうですね。


会社の上司に相談し、事実なら解雇と言われたとのこと。婚姻費用、離婚後の養育費のことを考えても、ご主人が無職になってしまうとあなたの生活にも支障が出てきます。

苦しいですが、今後は会社に関しては名にもせず見守るようにしてくださいね。その代わり、ご主人の不貞の証拠はきちんと押さえておいてください。不倫相手と結婚するというようなご主人の言葉も録音しておくと良いですね。慰謝料などを請求するときに、言い逃れができないようにしておきましょう。


夫婦関係は修復不可能とのことですが、お子さんもまだ小さい。あなたの気持ちがもしはっきり離婚と固まっていないのであれば、結論を急ぐ必要はありませんよ。今、ご主人は熱病に冒されているだけかもしれませんから。

応援しています、頑張ってくださいね。



このコラムに類似したコラム