フレキシブルな大きなリビングルーム(個室は増やせる)1 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フレキシブルな大きなリビングルーム(個室は増やせる)1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


先日、ブログOPEN-G日記で書いた「小さな家に、大きなリビングルームをつくる」という記事。最小限の寝室と、収納室、水まわりを1階に集め、2階をすべてリビングルームとする考え方の紹介でした。

嬉しいことに、沢山のアクセスと、多くの「いいね(Facebook)」を頂戴しました。やはり、リビングと個室の考え方は、「家づくり」の主要テーマなのだなあ、と改めて感じた次第です。

ところで、「もし、将来、個室が足りなくなったらどうするのか?」という疑問も頂いています。

僕は、単純に「個室」を否定しているわけじゃありません。もちろん、必要な時期に応じて、個室は設けられるべきだと思います。そのバランスが重要だと思うのです。


たとえば、住宅作品「House Huckleberry Finn」。リビングの真ん中に大黒柱のようにある、露出された柱と梁に注目してください。いろんな意味で絶妙になるように考えてあります。

(次号つづく)


→OPEN-G日記「小さな家に、大きなリビングルームをつくる」

http://www.open-g.net/weblog/2012/03/post_291.html


→住宅作品「ハウス・ハックルベリーフィン」

http://open-g.net/press/archives/1190

*****************************

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/

 



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

土間のある家(趣味のスペース、第2のリビングとして) 加藤 幸彦 - 建築家(2012/06/01 17:00)

キッチンから見えるモノ 大塚 泰子 - 建築家(2011/12/01 14:36)

地下でつながる二世帯住宅 鶴崎 智也 - 建築家(2011/09/26 19:39)