労働者派遣法改正(H24.3.28成立)の内容 - 会計監査証明 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

労働者派遣法改正(H24.3.28成立)の内容

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 会計監査証明

こんにちは。

公認会計士の岸井です。


だんだん雲行きが怪しくなってきました。

嵐がそこまで来ています。

早く帰れる人も、帰れない人もお気をつけて!


さて、先週、労働者派遣法が改正されました。

主な改正点は以下の通りです。


日雇派遣の原則禁止

日雇派遣とは日々または30日以内の期間を決めて雇用する労働者派遣を言います。

改正案では当初、2カ月以内とされていましたが、最終的には30日以内となり、禁止の範囲が狭まりました。

また、例外も設けられています。


グループ企業内派遣の8割規制

同一グループ企業内に労働者を派遣する場合、上限を総派遣労働時間の8割までとしました。


離職した労働者を離職後1年以内に派遣労働者として受け入れることを禁止


マージン率などの情報公開を義務化

派遣料金と派遣労働者の賃金の差額の派遣料金に占める割合(=マージン率)を公開することが義務化されました。


違法派遣の場合に派遣先企業が労働者に直接雇用契約を申し込んだとみなす制度を導入

派遣先が派遣労働者に対して労働契約を申し込んだものとみなす制度です。



当初の改正案にはあったものの、成立しなかった主なもの

登録型派遣の原則禁止

製造業務派遣の原則禁止

これらは今後の検討事項とされ、改正は先送りされています。



労働者派遣の更新時の監査証明等のご相談は
こちらまで どうぞ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 【メール相談】一般労働者派遣事業 申請・更新時の監査証明

タイミングを逃さず事業を円滑に継続

料金
無料

平成23年10月から一般労働者派遣事業と職業紹介事業の新規許可と許可の更新における資産要件の審査方法が変更されました。前年度の決算書で財産要件を満たしていない場合、その後の月次決算で要件を満たしたうえで公認会計士又は監査法人の監査証明が必要になりました。
監査証明に関するご質問、ご相談はまずメールで。

【メール相談】一般労働者派遣事業 申請・更新時の監査証明

このコラムに類似したコラム

「監査基準」見直しで粉飾はなくなるか~をなるべくわかりやすく 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/06/04 17:00)

労働者派遣事業・職業紹介事業の監査証明 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/01/19 19:19)

たくさんメールしてね!Mail to meに登場!! 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/09/07 13:23)

オリンパス問題:今さら聞けない「監査・会計士・監査法人」 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2011/11/09 15:04)

新社会福祉法人会計基準への移行について 丹多 弘一 - 経営コンサルタント(2011/10/18 17:31)