飲酒運転 事故 同乗者の責任 - 自動車保険 - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
小島 雅彦
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

飲酒運転 事故 同乗者の責任

- good

  1. マネー
  2. 損害保険・その他の保険
  3. 自動車保険
損害保険

保険業界で頑張る社長のblog
http://ameblo.jp/aozora-hoken/ 
あおぞら保険 (来店型保険ショップ)【運営会社:有限会社プリベント】
埼玉県草加市八幡町1318-2アルファタウン1階
有限会社プリベント
東京都世田谷区代田1-27-9-101

 

飲酒運転 事故 同乗者の責任

 
AさんとBさんがお酒を呑んでいました。
そして
Aさんが運転し、Bさんが助手席に乗って一緒に帰るとしましょう。
そして
Cさんに追突し負傷させ、損害賠償請求をされたとします。
この場合Bさんはなにかしらの保険でこのリスクをカバーすることはできるか?

できません!

CさんはAさんとBさんに対して損害賠償請求権を持ちます。
この場合CさんはAさんとBさんに同時に2人に請求するより保険で賠償してもらえるであろうAさんに対してのみ請求をするでしょう。
Aさんの保険会社は飲酒運転でも対人賠償保険金は免責にはならないので支払います。

問題はその後です!

Aさんの保険会社はBさんに対して、共同不法行為責任による求償権を持ちます。(簡単に言えば「Cさんに対してBさんにも賠償する責任はあるでしょ。でもとりあえずAさんに変わって保険会社が全額立て替えたからBさんの負担するべき金額を返してよ。」ということです。)ケースによっては求償しない場合もありますが。。。

仮に 
Bさんが自動車を所有し自動車保険を契約していたとしても、【他車運転危険担保特約】(例えば、友人の自家用乗用車を運転中に対人や対物の事故を起こしてしまい、その賠償を担保する特約です)を使うことはできません。
理由・・・運転していないから。

そして仮に
【個人賠償責任保険】(日常生活の中で他人(いわゆる第三者)に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまったりして法律上の損害賠償義務を負ったときに支払う保険です。
を契約していたとしても払われません。
理由・・・*約款上免責
*約款上保険金を支払わない損害に「車両の所有・使用または管理に起因する損害賠償責任。と書いてあります。
本件は助手席に乗っていたBさんは車両を使用していたことになります。
したがって払われない。

ちゃんと運転代行使いましょうね。

 

↓ こっちの方が読みやすい
http://ameblo.jp/aozora-hoken/entry-11208656735.html

 

このコラムに類似したコラム

4月1日より大阪府自転車条例が施行されています 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/04 12:45)

自動車保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/25 09:00)

再生医療普及へ保険販売 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/15 15:29)

危険ドラッグと自動車保険 相馬 純 - 保険アドバイザー(2014/08/01 18:28)

公務員賠償保険責任保険とは? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2012/10/05 09:40)