現場の職人さん、業者さんてスゴい! - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

葛原 千春
クロノグラム アーキテクトスタジオ 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場の職人さん、業者さんてスゴい!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
注文住宅

今までまったく語りませんでしたが...

現場の職人さんや、業者さんってスゴいと思います。
なぜ、今そのような事を記事にするかと言うますと
現場に行くだけでと(と言いますか行く前から)猛暑で、何もしてなくても汗だくになります。冬はコンクリート基礎がキンキンに冷えてて、足が凍りそうなぐらいの環境です。そんな中、黙々と作業や片付けをしています。どんだけ体力消耗しているのだろうと思います。建設中の現場ですから当然エアコンがある訳でもなく、扇風機で涼を取られたり、ヒーターをかけてたり。

とにかく、職人さんってスゴい環境で仕事してます。職種によっては命の危険もあるような(例えば屋根屋さん)場所での作業もあります。世界に一つしかない物を技術と経験と忍耐力と人情で一生懸命造って頂いてます。

設計者としては施主様に代わっての厳しい目でチェックをしながらも

綺麗に納めてくれていたり
図面には表現されていないようなところを工夫して造ってくださったりいついっても工事途中の現場なのに綺麗に掃除しながら作業していたり
関心させられることが多々あります。
先日お引渡しした大田区のM様邸でも工事中に現場を見にいったときに大工さんが
「こないだお客さんが来たときに、ハンガーパイプの取り付け位置を細かく打合せして、取り付けといたよ」
と斜めで低くなった天井のクローゼットの使い勝手をお客様と打合せをしたそうです。
ほかにも何回か細かい納まりについて直にお客様とコミュニケーションを取っていると聞かされました。
感謝感激です!
どんなにいい図面を描いても、実際に家を造るのは職人さん達です。紙に書いた線を一本一本理解して、過酷な環境の中で組み立て実際に住める家にするのですから、スゴい!と思います。
仕事なので当たり前といえば、当たり前ですが、
やっぱりスゴい。これからは、もう少し現場の方々にもスポットを当てたいと思っております。

このコラムに類似したコラム