1.子育てに学ぶ日々。 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1.子育てに学ぶ日々。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
子育てに学ぶ日々。

曇りなき眼(まなこ)で・・・。



私は三児のパパです。
現在、0歳、3歳、8歳の子がいます。

8歳の子が、まだ幼稚園にあがる前・・・。
ですので、もう5年ほど前のこと。

どこかへ出掛けた車の中で、
突然、こんなことを言いました。

「どうして信号は青なの?」

私は、青色は色彩心理学的に「安心・安全」
を表すという「知」を頭から引っぱりだし、
こんなことを言いました。

「人は青色見ると、不思議と安全だと思うんだよ。
 それで、信号を作った人が、青色をつけたんだと思うぞ」

すると、子は・・・

「違う、なんで、あれが青色なの?」

と、まったく期待外れの答えに憤慨している風でした。

信号待ち。車が止まる。

(この子は何を言っているんだ?)

信号が青になる。すると、また・・・

「ほら、なんであれ、青って言うの?」

アクセルを踏み込み、質問の意図がわからない父。

すると「なんで青って言ってるの?」と言葉の矢。

まだ、わからない父。でも・・やっと、ふっと、思いつく。

(あ〜なるほどね、確かに)

「そうだな、なんで青って言ってるんだろ」

「だって、あれ緑でしょ、緑」

私たちが「青」と言っている信号は
よく見ると「緑色」をしているものがある。

それをどうして大人は「青、青」と言うのだと
子は聞きたかったのだ。

子どもの目は、いつでも真実を見ようとする。

大人も負けてはいられない。