夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)-2 - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)-2

- good

恋愛セラピストあづまです。

「夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)-1」の続きです。

恋愛セラピーでは、ゆるしのワークの概念と手順に解説したように、「ゆるしのワーク」を行って、責める心を取り除いていきます。実は、自分を責める心は、過去の出来事や家族関係に関連して作り上げてしまったもので、もう必要ないことが多いのです。

確かに、ワークをやると解決は早いのですが、そこまでやらなくても、日頃の生活の中で、責める言葉を使わないようにするだけでも、じわじわと効果は出てきます。

責め言葉を使う代わりに、機械的に全部「いっぱいいっぱい」に置き換えてみましょう。

上記の、みっつの責め言葉をもし使ってしまったら・・・これは、他人に向けて口に出して言った言葉でも、自分に向けて独り言で言った言葉でも、心の中でつぶやいた言葉でも同じです・・・たとえばこんな風に言い直します。
「あ~あ、今日も家事がちゃんとできなかった。私ダメ主婦だな~」
↓(あ、いけないいけない。今のナシナシ!)
「今日も家事がちゃんとできなかった。私【いっぱいいっぱいな】主婦だな~」

「旦那にキレちゃった。ひどいこと言ったな~。アタシ嫌な女だよね~」
↓(あ、いけないいけない。今のナシナシ!)
「旦那にキレちゃった。【いっぱいいっぱいな】こと言ったな~。アタシ【いっぱいいっぱいな】女だよね~」

不思議なことに、あらゆる責め言葉のところに「いっぱいいっぱい」はぴったりはまります。3週間ぐらい続けていると、責める発想でものを見るのではなく「いっぱいいっぱい」つまり、人間には限界もあるんだという、ゆるす発想でものを見る習慣ができていきます。

こうして、自分を責めないようになっていくと、逆説的ですが、自分の責任も引き受けられるようになっていくのです。

例えて言えば、こんな感じでしょうか。
浮気で壊れかけた夫婦の修復作業を、背負う荷物に例えたとします。淡々と修復のための行動を行っていく責任が10kg分の荷物だったとすると、自分を責める心は50kg~100kg分ぐらいになっているんですね。

この状態で「あなたにも責任がある」と言われても、背負いきれません。背負いきれない重荷の正体はほとんどが「自分を責める心」「自分を責める心を背負いきれないから出てきている怒りの感情」などの、未整理の感情です。これは、とても重いものです。

この状態では背負いきれませんから、自分で解決しきれないものは、怒りに転化して、相手のせいにしたくなるのです。そして、相手のせいにしている限り解決しないという無限ループにはまっていきます。(それは、望んでいる結果ではありませんよね?)

だからまず、自分をゆるして、感情を軽くしてから、「現実問題に対処する責任」だけを背負えばよいのです。

こうして手順だけを読んでも解決しない、という場合には、ぜひ恋愛セラピーをご利用下さいね。


「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/08/17 14:00)

出来事に、堂々と対応できる自分になろう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/28 14:00)

人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/23 21:00)

人間関係には「解なし」があることを前提に取り組むこと。2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/21 14:00)

許せない気持ちの中には、許さなくていい部分もある。3 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/08/24 14:00)