社内報のライバル、考えたことありますか? - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報のライバル、考えたことありますか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

経営者は、秘書に伝えたら、

或いは、担当部長に伝えたら、全社に伝わっている

そのように思うらしい

 

なので、現場にそれが浸透していないと、

「なぜだ! ○○に伝えただろう」となるらしい

 

一方、社内報では、「読まれてなんぼの社内報」

こういう言葉があること自体、社内報はなかなか読まれないと

社内報担当者はしっかりと理解している

社内報が配られたその日にゴミ箱へ、という事態もあるとのこと

 

なぜ、社内報はそのように読まれないのか

 

まずは、社内報をいつ読むか、という問題がある

 

就業時間中には、忙しくて読めず

自宅に持って帰って読む

ということも「想定」できる

 

が、しかし、

自宅に帰ってまで、社内報を読むのか?

 

テレビにDVD、ネットサーフィンにフェイスブック、ツイッター

好きな雑誌に、好きな本、と「社内報のライバル」はたくさん存在する

 

そのライバルに打ち勝って、社内報が読まれるものになるためには

それらのライバルにはない内容をいかに社内報に掲載できるか

読者である従業員の関心事をいかに掲載するか

 

先のライバルたちは、購入してもらうという熾烈な競争の中で、その存在意義を高めている

それに対して、社内報は、無料で配布

さしたるマーケティングもしていなければ、ライバルに負けて当たり前

 

読者である従業員は「社内報のお客さま」

そのような認識を持って、編集にあたらなければ、

いつまでたっても読まれない

 

その実態は変わらないように思われる

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

日経電子版記事;8億のつぶやき宝の山売る側/買う側の交差点考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/09/20 19:51)

2016年新卒の「倫理憲章」改定でブームとなるのは? 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/02 10:00)

「不採用の理由」に不足感を感じる就活生 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/25 10:00)

「月刊総務オンライン」で第2回目のコラムがアップされました! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/17 17:00)

孫社長がTwitterを16日間つぶやかず 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/13 09:48)