2016年新卒の「倫理憲章」改定でブームとなるのは? - PR・IR効果測定 - 専門家プロファイル

採用広報プランナー 白井 千絵
情報サイト「ソーカツTimes」編集長
採用コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2016年新卒の「倫理憲章」改定でブームとなるのは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. PR・IR効果測定
インターンシップ

こんにちは。ソーカツタイムズ編集長の白井です。

2013年度の新卒採用で話題となった「ソーカツ」。
倫理憲章の改定で広報活動が12月1日からと短期間化したことがきっかけとなり、
これをきっかけに採用にTwitterやFacebookを導入する企業がいっきに増えました。

それでは、2016年度の新卒採用では、何がトレンドとなるのでしょうか?
2016年度の新卒採用では、3月1日からの広報活動となり、現在のさらに
3カ月の後ろ倒しとなるなかで、注目されているのが、インターンシップです。


マイナビの「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」によれば、
インターンシップの受入れ企業数が「増加」した大学は17.8%で、
国公立の大学ではさらに増えて20.8%という結果になっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

※マイナビ「2013年度キャリア・就職支援への取り組み調査」はこちら

http://saponet.mynavi.jp/release/career/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 一説によれば、今年度の企業のインターンシップの参加率は
3割を超えているという話しもでてきています。

しかし、問題なのはインターンシップを実施する目的です。
私が活動するなかで、
インターンシップを実施する目的がはっきりしていない企業は、
効果が認められない、といった話しも聞こえてきます。

採用活動につなげていくためには、どうしたらいいのでしょうか?

明日も、引き続き、この課題について考えてみたいと思います。

◆◇◆◇◆◇◆  こんなお悩みはありませんか? ◆◇◆◇◆◇◆

 ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。

・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。

・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?

・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など

採用サイト・採用Facebookページの企画・制作・運用・導線計画についての

ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

>>>>お役に立ちましたら、是非シェアお願します。 Share (facebook)



このコラムに類似したコラム

Facebook採用は本当に効果があるの? ~その3 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/23 12:00)

インターンシップの広報をFacebookで ~その2 Yahoo 編 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/04 10:00)

インターンシップでの出会いを次につなげるために 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/17 17:00)

鬼が笑うと言うけれど ・・・ 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/01 19:00)

「逆面接」に取り組み株式会社ゆめみ 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/25 18:00)