SF映画「デンジャラス・デイズ」、伝説になるその方法は? #01 - ビデオ撮影レッスン - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SF映画「デンジャラス・デイズ」、伝説になるその方法は? #01

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. ビデオ撮影レッスン
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 気ままに映画・TVコラム

あっという間に一年が暮れてゆきます。

今年は、東日本大震災があり、アラブの春があり、ヨーロッパ金融危機などがありました、
来年は、「辰年」、いったいどんな未来が私たちを待っているのでしょうか?

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

今回は、ドキュメンタリー映画「デンジャラス・デイズ」です、
あの、SF映画の名作「ブレード・ランナー」のなんと25年後のメイキング映画です。


酸性雨の雨です、
2030年のLAです、
そして、
タイレル・コーポレーションなんです~、

ということで、
この3つを分かる人は、かなりオタクな映画通、カルト通でしょうか?

ドキュメンタリー映画、「デンジャラス・デイズ」、
そうです、「ブレード・ランナー」のドキュメンタリー映画です。

この、「デンジャラス・デイズ」とうドキュメンタリー映画は、のんびり見ているとちょっとわかりませんが、
大変に貴重なメイキング映画といえます。

それは、
本作が公開されてから、なーんと、25年後に制作された作品ということ。
制作したのは、当時の制作者ではなく、一人の映画ファンから発生したものなのです。

言わずと知れた「ブレードランナー」は、一部のファンから熱狂的に支持されましたが、
公開当時は、駄作、失敗作といわれ、興業的にもあまり成功しませんでした。
しかしながら、
改めて、この作品を見て驚かされます。

それは、25年もたっても色あせない、SF映画ならではの伝説がそこにあるからです、

その伝説とは?

つづく。



このコラムに類似したコラム

今年の見納め 宮本 陽 - カメラマン(2016/04/08 11:00)

光を味方につける 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/06 14:00)

視度補正調整していますか? 宮本 陽 - カメラマン(2011/10/31 14:34)

未来を生きろ!大震災後の新発想 #2 山藤 惠三 - クリエイティブディレクター(2011/09/20 07:00)