個人信用情報 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人信用情報

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

金融機関から融資を受ける人限定のお話です。


気に入った物件が見つかると、

銀行から融資を受けることが出来るかどうかの審査をしてもらいます。

契約前に行うことや仮の書類で審査を行うことから、

事前審査」や「仮審査」と言います。


表面上、審査の対象となるポイントは、

年収や勤務先・勤続年数などがあります。

この2点が分かるだけで、

不動産業者は今までの経験で、

希望する金額の融資が組めそうか?

そうじゃないか?

の判断をある程度付けることが出来ます。


問題はそうした目に見えるいわゆる「表の顔」ではなく、

そのお客さんの「裏の顔」


「個人信用情報」


です。

個信(こしん)と略語で呼ぶことが多いです。


個人信用情報というのは、

その人の過去の借り入れや、

返済状況・滞納履歴などが全て分かります。


個人信用情報を扱う機関はいくつかありますが、

銀行の審査の際、対象となるのが、


「全銀協」

「シーアイシー」

「日本信用情報機構」


という3つです。

金融機関はこの個人信用情報に記載されている、

過去の借入や現在の借入、

返済履歴や事故歴などを見て融資可否を決めます。


例え年収がふんだんにあり勤務先が優良だったとしても、


・過去に滞納を繰り返していた

・ブラックリストに載った

・破産したことがある

・消費者金融でお金を借りた


上記のどれかに当てはまると、

その時点で「アウト」の可能性が非常に高いです。

しかし、そうした「負」の履歴は通常数年で消えます。

過去にこうした経験がある人は、

個人信用情報に履歴が載っている間は、

融資が受けられる可能性は非常に低くくなります。


個人でも取ろうと思えば有料で取ることが出来るので、

これから不動産を買おうとしている人で、

「怪しいな」と感じた人は、

一度取ってみたらいいですよ。

ちなみに私が取るようにアドバイスをする場合もあります。



余談ですが、お金を借りても、

すぐに個人信用情報に記載されるわけではありません。

大体少し時間がかかります。


このタイムラグを利用して、

裏技的なことも出来ますが、

一般的ではない為裏技なんです(笑)。


そうまでして不動産を買うものではないと思いますが、

知りたい人は個人的にお教えします。

このコラムに類似したコラム

任意売却とは 任意売却専門家 瀧澤 - 不動産コンサルタント(2011/12/20 18:55)

ブラックリストの住宅ローン 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/08 09:00)

物件調査で痛恨のミス 信戸 昌宏 - 建築家(2014/01/18 12:00)

実務での検証③~人の好き嫌い 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/10/14 09:37)

拙著「不動産の基本を学ぶ」発売されました! 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2013/07/02 18:01)