中華料理調理師の招聘手続き - 海外在留資格・外国ビザ申請 - 専門家プロファイル

碇谷 賢祐
フィット法務行政書士事務所 代表 VISAコンサルタント
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近開業一年目の中国料理店からの調理師招聘につきご相談が増えています。

内容としては、ウチの店で調理師を呼ぶことができるの?可能だとして何名まで呼べるの?といったものです。

やはり開業間もない時点での招聘に皆さん不安がおありなようですが、そこに明確な基準はありません。

雇用の必要性と、雇用継続の可能性をしっかり立証できれば必ず在留資格認定証明書は貰えます。

そのため、現在の店舗事業の売上や利益率から見て、どれだけ人件費に割り当てる余力があるのか、仮に現状余力はないけども新たな人材を雇用することでどれだけ利益率の向上が見込めるのかを検討されればおのずと答えは導き出されます。

その結果いけるな、と判断されたらその結果をどのように書類で立証するかは私の腕のみせどころです。

いつでもご相談下さい!!

このコラムに類似したコラム

留学中に「忙しくて死にそうだ。」と思ったら思い出してほしいこと。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/02/07 07:00)

~言葉の重さ:ビジネ英語コーチ~ 中尾 匡宏 - ビジネス英語コーチ(2014/10/12 15:00)

MBAホルダーはエースで四番を欲しがらない。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2014/10/24 08:00)

日本の永住者ビザが廃止に!? 碇谷 賢祐 - 行政書士(2011/12/13 12:43)

【人材流出】 海外へ転職 希望者続出 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/08/11 23:28)