扉を開けて見えるモノ - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扉を開けて見えるモノ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
住宅設計の極意

私が設計する上で特に気をつけることがあります。

それは扉をあけて真っ先に何が見えるか?ということ。

扉を開ける瞬間っていつもわくわくどきどきします。

要するに扉を開けたときに目に飛び込んでくるものでその時の感情は大きく変化します。

こちらの玄関扉はその心理をよくよく考えて作られました。

帰宅してあけたとき見えるのは、大きな備え付けの本棚と遠くには子供室のピンク色の壁。

愛らしいピンクは家族の愛を感じとることができるでしょう。

反対に外出するときに扉をあけると大きなヤマボウシ。ヤマボウシは落葉樹なので季節を感じ取れます。

このように扉を開けたときに真っ先に何が見えるか、どんな雰囲気か、

ということを考えて設計することがとても大切だと思います。

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅設計の極意」のコラム

門扉デザイン2(2015/12/26 06:12)

吹き抜けを楽しむ(2015/12/25 06:12)

デザインバスルーム1(2015/12/24 06:12)

このコラムに類似したコラム

玄関ホールの別アングル 松永 隆文 - 建築家(2011/04/09 17:00)

安芸紫 中村勝己 - 建築家(2013/09/18 16:23)

マルコメ君!ご兄弟御一行様! 浜田 肇一 - 工務店(2013/07/24 07:19)

子供が楽しい家(後) 志田 茂 - 建築家(2013/06/01 08:00)

子供が楽しい家(前) 志田 茂 - 建築家(2013/05/31 17:39)