子供が楽しい家(前) - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子供が楽しい家(前)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
幸せな家作り

お子さんが楽しそうにしている姿を思い描く

30代 40代 のご家族の家の場合、お子さんは、1歳から4歳くらいという場合が多いです。

設計する時に施主ご夫婦のご希望を聞き、それを元に家を考えるのですが・・・・

それとは別に、私は もうひとつの大事にしている事があります。

それは

その家で お子さんが楽しそうにしている姿を思い描きながら考える

という事。

どんな事を考えたか、、、いくつかご紹介します。

 

階段の脇に作った障子を開け、お子さんが部屋に飛びだす姿を思い描いた家

i : y o (イヨ) : 築10年の住宅の改修

この家は、南側のお隣が隣接しているために、1階のリビングは暗い部屋でした。

それを少しでも改善するために、2階に入る光を階段を通して1階に導こうと考え

そのために、階段とリビングの境の壁を無くし、そこに障子を入れました。

一番の目的は、「光を取り込む」 なのですが、

お子さん(男の子)が大きくなったら、その障子の部分から飛び出してくる姿を描きました。

もう小学生ですから、1度や2度はやってくれているでしょう。

 

窓台を作り、お子さんふたりが仲良く座っている姿を思い描いた家

マニハウス : 家族4人の小さな家

隣地の緑地に面して窓を作りましたが、その窓を床から1段上げ、窓台を作りました。

丁度腰掛けるのにいい高さで、かつ、それはお子さんが小さいうちは、机代わりになるのです。

小さなきょうだい2人が、仲良く並んで腰かけていたり、そこで絵を書いていたり姿を想像しました。

だけど、施主のアイデアで、作り付の机に長椅子を置かれたのですが、

どうもそっちが、そのような使い方になってしまいました。

 **
 
つづく
 
------------------------------------------------------

思いを語り合い 育て 実現する家作り

志田茂建築設計事務所

新築住宅設計  住宅・マンションリノベーション/リフォーム設計
企画住宅小さな家:LWH  賃貸再生

**

フェイスブック

志田茂建築設計事務所 フェイスブックページ

 

このコラムに類似したコラム

子供が楽しい家(後) 志田 茂 - 建築家(2013/06/01 08:00)

小さな家でも幸せを感じる豊な暮らしができます 志田 茂 - 建築家(2013/05/20 11:19)

家作りを成功した人の言葉4 志田 茂 - 建築家(2013/05/11 07:00)

小さな家を考える事は、自分らしい暮しを発見する事 志田 茂 - 建築家(2013/06/06 14:04)

土地探しに疲れた人達へ 志田 茂 - 建築家(2013/06/05 11:01)