【法律事務所のコラム:相続の身近なお悩み】第2回 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

松野 絵里子
東京ジェイ法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

【法律事務所のコラム:相続の身近なお悩み】第2回

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

相続のお悩みというのは、意図せずやってくるものです。

身近な相続の悩みに関連する法律知識を紹介したり、トラブル回避の方法についてご紹介するコラムを連載しています。第2回は、「内縁の妻と相続」をテーマにします。

 

以下のような例で考えてみましょう。

 

【例】

Aさん(65歳)、Bさん(59歳)。

2人は20年間事実上夫婦として暮らしていますが、結婚はしていません。

このような関係を内縁関係といいます。

BさんはAさんの「内縁の妻」です。

2人の間に子供はいません。

2人はAさんのマンションに住んでいます。

 

このようなケースで、Aさんが亡くなった場合、

Aさんのマンションを内縁の妻Bさんは相続できるでしょうか。

 

答えはNOです。

 

なぜなら、内縁の妻BさんはAさんの相続人ではないからです。

 

では、Aさんのマンションはどうなるのでしょうか?

 

(1)Aさんに相続人がいる場合

Aさんの両親はすでに亡くなっていますが、Aさんには弟Cさんがいました。

この場合、CさんがAさんの相続人になります。

つまり、AさんのマンションはCさんのものになってしまうのです。

Bさんはマンションを出て行くか、Cさんと賃貸借契約を結んで賃料を払って住むことになります。

 

(2)Aさんに相続人がいない場合

Aさんのマンションに対して権利を主張する者(債権者・受遺者等)がいない場合、Bさんは「特別縁故者」としてマンションを自分にくださいと家庭裁判所に請求することができます。家庭裁判所が「相当」と認めた場合には、Bさんはマンションをもらうことができます。

(1)・(2)いずれの場合でも、BさんはAさんの死後、確実にマンションに住み続けられるという保証はありません。

 

では、どうしたらよかったのでしょうか?

 

ここで、大切なのが「遺言」です。

 

Aさんが「Bさんに全財産を相続させる」という遺言をしてくれていたら、

(1)・(2)いずれの場合でも、マンションはBさんのものになります。

兄弟には遺留分がありませんので、Cさんは手も足もでません。

 

このように、内縁の夫婦の場合、遺言がとても大切になってきます

 

遺言書は自分でも作成することができます。

ただ、遺言は厳格な要式が要求されますので、いざ亡くなったあとに遺言書を見てみたら、無効だったり、内容があいまいだったりすることがよくあります。

特に相続財産に不動産がある場合、きちんとした遺言書を作成しないと、その遺言書を法務局に持って行っても、登記名義の変更ができない場合があります。

将来の相続争いの火種をつくらないために、遺言書作成の際には弁護士に相談されることをおすすめいたします。

 

 

このコラムに類似したコラム

「遺言執行の実務」研修を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/31 17:01)

遺言書を作成するなら公正証書が安心、確実 芦川 京之助 - 司法書士(2012/09/30 00:39)

共有はあまりオススメしません 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/19 07:00)

シニア層向け地域貢献イベント『相続の無料勉強会』を開始 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/18 10:44)

せっかく遺言を書いたのに、受遺者が先に逝っちゃった。!! 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/24 12:56)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!