<相続9>「遺言書」の要式 その3 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

FP&COACHING 代表
愛知県
ファイナンシャルプランナー
090-3457-0403
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

<相続9>「遺言書」の要式 その3

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般
FP
今回は「秘密証書遺言」について、
説明させていただきます。
 
この方式は、「遺言の存在は明確にしておきたいが、
その内容は秘密にしておきたい」という場合に
便利なものです。
 
そのため、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の
中間に位置するとイメージしてください。
 
なお、家庭裁判所の検認は必要となります。
 
秘密証書遺言の作成の流れは次の通りとなります。
 
1.あらかじめ遺言書を作成し、署名捺印しておく。
なお、この場合は自筆でなくても構いませんが、
訂正の仕方が「自筆証書遺言」と同じ方法でなければ、
無効となってしまいます。
 
2.作成した遺言書を封入し、捺印した印鑑で封印する。
3.公証人に対して、証人2人以上の立会いで
遺言書の入っている封書を提出し、自分の遺言であること、
代筆である場合は代筆者の氏名、住所を伝える。
 
4.公証人が遺言書の差し入れ日付、証書を提出者の申述を封紙に記載し、
遺言者、証人、公証人が署名捺印する。
 
なお、証人になれない人の要件は「公正証書遺言」と同様です。
 
相続のことなら「NPO法人相続おたすけネットワーク」 
http://www.souzoku-otasuke.net/
 
こちらのブログもご覧ください。
http://ameblo.jp/fp-coaching/
 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
FP&COACHING 代表

FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

FPのスキルとコーチングのスキルをもとに、マネーコンサルタント、ライフコンサルタントとして活動しています

090-3457-0403
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「FP」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

シニア層向け地域貢献イベント『相続の無料勉強会』を開始 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/18 10:44)

せっかく遺言を書いたのに、受遺者が先に逝っちゃった。!! 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/24 12:56)

「遺言執行の実務」研修を受講しました。 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/31 17:01)

遺言の方式 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 10:28)

遺言書を作成するなら公正証書が安心、確実 芦川 京之助 - 司法書士(2012/09/30 00:39)