「丈夫で長持ち」と言うお話し - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

青沼 理
青沼建築工房(有) 一級建築士事務所 取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「丈夫で長持ち」と言うお話し

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
建築メモ

健康な家=丈夫で長持ち(=人も・・・(笑))
そう言って、パッと思いつくのは、柱や梁の構造体それから、敷地・・・地面ですよね。これは基本中の基本。

しかし、それだけじゃないんです快適に住めることが必須条件
壁を多くすれば家は丈夫になりますが風も光も入らない暗い家では快適に住めませんね。
ですから・・・
丈夫で長持ちで快適に住めることが重要です。

次に、家は丈夫で快適なんだけどなんだか住みにくい・・・
これは、間取りがライフスタイルの変化について行けない現象で柔軟に対応できる間取りにしておかなくてはならないということ。

もう一つは、設備
設備は消耗品だから、壊れたら修理して使えばいいと思います。
事実、配管などは、寿命がきたら取り替えなければなりませんが最近のハイテク製品は、メーカーに部品が無くなったら修理不能。結局、全部取り替える羽目に。てなことに。

車やバイクは“旧車”としてファンが大切に使っていたりオーディオでも、古い真空管のアンプがいい音で鳴ったり、と古くてもいいものを、手を加えながら共生していく
少々マニアックな世界と言えなくもありませんがはたして、現在のハイテク製品が数十年後、修理して使い続けられるのでしょうか
現在のハイテクカーは修理と言うより、壊れた部位を交換する方式だから交換部品がなくなり次第、寿命ってことでしょうね。
 
安かろう悪かろうは、誰でも避けたいですよねしかし、安けりゃ安い方が良い、と思うのも本音。
すべて、良いものが高くて当たり前、とは言いませんが良いものが高いのは理由があるから、というのも納得。

だとしたら
少々高くても長く使えたら、結局安い買い物ということになりませんか?

そんなことを考えながら材料を選んだり
選んだ材料が、新築のときより、10年後、20年後、風合いが出てきてますます良い感じになってくることを想像しながら
家づくりを楽しむ
さらに住みながら、変化を楽しむ、なんて言う豊かな暮らしを提案できたらいいなぁ
なんて考えます。
 

 

このコラムに類似したコラム

伝承と家相 岩間 隆司 - 建築家(2014/09/11 12:38)

【ていねいな暮らし-2】 志田 茂 - 建築家(2013/11/02 13:23)

【ていねいな暮らし-1】 志田 茂 - 建築家(2013/10/29 14:39)