電気代・デマンド - CSR・環境経営 - 専門家プロファイル

小林 幹夫
有限会社 電気の問題解決 
静岡県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電気代・デマンド

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. CSR・環境経営

家庭の電気の基本料金は、
東京電力の場合、
色のついたブレーカーの従量電灯B契約で、
10A273円、
60A契約でも1638円です。

オール電化の電化上手契約でも、
6KVA以下だと1260円です。
安いですよね。
乾電池と比べればわかりますよね。


でも家庭だと安い基本料金が、業務用だと高いんです。
それも、過去一年間で一番使用量の多い30分で、決まってしまいます。
これがデマンドです。(500kw以上は電力会社と協議)

使った電気量が少なくても、
過去一年間に
沢山使った30分間があると、
基本料金が高いままなので、
電気代が高くなってしまいます。

例えば旅館の場合、
8月のお盆にお客さんが多くたくさん電気を使うと、
その後1年間、電気使用量が少ない月でも
高い基本料金を払わなくてはなりません。
私たちのコンサル先でも、
料金の半分近くが「基本料金」という会社があります。
ものすごくもったいないです。

そのためデマンド値(30分の平均値)を下げる機器がたくさんあります。
でも、いいものばかりではありませんよ。
ちゃんと選んでください。
デマンドコントローラ・警報器の販売はしませんが、ご相談ください。

そもそも、機器なしでも、デマンドは日常業務で減らせます。
高校の恩師も、
島田工業高校時代に電気量が多い1日をみつけて、
電気代を大幅に削減したそうです。
たった一日減らしただけですよ。

でも業者さんから、
そんな話は聞かないでしょう、
それは機械を売らないと儲からないからです。


 

 

このコラムに類似したコラム

電力不足解消は家庭の省エネから2 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/05/26 10:00)

勘違いしている節電 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/05/01 20:04)

間違いだらけの電気代削減 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/21 20:00)

東京電力 夏の割引プラン 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/03/12 10:00)

電気料金ってどうなっているの? 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/03/22 22:00)